YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

臥龍山 ~歩を進むれば近遠に非ず

ケイさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山口県在住
    ほとんどが県内・九州での山行です。基本、ソロのラーメンハイカー。但し、縦方向も好物。
    買ってしまった道具を何とか使うために山に入ってるようなところがあります。
    まだ、活動記録の作成を練習中です。たまに更新しようと思います。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

臥龍山(刈尾山)

2016/02/22(月) 00:39

 更新

臥龍山 ~歩を進むれば近遠に非ず

公開

活動情報

活動時期

2016/02/21(日) 09:26

2016/02/21(日) 14:11

アクセス:147人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,094m / 累積標高下り 1,099m
活動時間4:45
活動距離13.91km
高低差444m

写真

動画

道具リスト

文章

高原の自然館よりスタート。まずは掛頭山方面へ。

分岐点を右に取り、山頂まで車道の上を歩きます。今回もスノーシューではなく、プラスチックかんじき“雪っ子ちゃん”をチョイス。意外と雪が深く(←認識が甘かっただけですが)、スノーシューと違って足を挙げなければならないので、途中から脚の付け根が痛くなってきました。
ともかく掛頭山山頂部へ。しかし、スキー場のネットに阻まれ、回り道も面倒だし、山頂標識は諦めました。ここまで7㎞。

脚も痛かったけど、分岐まで戻って、とりあえず少し臥龍山方面へ歩いてみることにしました。結局、傾斜はなだらかだったので、臥龍山までたどり着くことができました。展望は、冬のこの時期でもあまり良くはありませんでした。
下りでも雪っ子ちゃん大活躍! 深雪もなんのその。好きなとこを歩いて、グイグイ下って楽しかったです。でも、やはり平地に出てくると脚が…。

雪っ子ちゃんを選んだ結果、脚が痛くなって失敗したと思いましたが、腸腰筋が鍛えられたと考えればまあいいんじゃないでしょうか。少しくらいは足が速くなったかも。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン