YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

厳冬期の天狗岳

里さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介: 香川県の、52才、男性です。
    アウトドア大好きです。
  • 活動エリア:香川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:香川
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2016/02/23(火) 15:05

 更新

厳冬期の天狗岳

公開

活動情報

活動時期

2016/02/21(日) 08:41

2016/02/22(月) 15:16

アクセス:223人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,258m / 累積標高下り 5,465m
活動時間30:35
活動距離134.81km
高低差2,037m
カロリー14299kcal

写真

動画

道具リスト

文章

坂出icを、7時に出発。8時40分に、ロ-プウェイ駅に到着した。9時の出発便に乗り、10時頃、成就社に到着した。山下さんの準備を整えるのを待って出発した。寒い、氷点下5℃、辺りは雪景色。(笑)、張り切っていきます。アイゼンとピッケルを装備していきます。11時30分頃、前社ヶ森小屋到着。12時20分、二の鎖避難小屋到着、此処で昼食にしました。13時に弥山山頂、天気が回復し絶景です。(笑)
真っ白な天狗岳が、間近に、風も収まり記念写真と決めました。帰りの道すがらの雪景色を堪能しながら下山、北壁が氷で真っ白、そして、晴天のなか
輝いて見えます。16時20分、ロ-プウェイ駅到着しました。
感想としては、早朝は曇りで、景色は諦めていたのですが、何が幸いするかわからず、二の鎖で、出会った女性は風が強くて、ガスで景色が拝めなかったそうですが、我々は最高の天狗岳を見れましたし、アイゼンとピッケルを使って斜面をよじ登り、滑落の危険度も認識することができました。最高の週末になったと思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン