YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

嵐の後の登山日和\(^o^)/

ユッキーさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:衣食住を担ぎ、長い距離をゆっくり歩くのが好きです。写真を趣味にしているので、できるだけ景色の良い場所を選び、四季の変化を楽しんでいます。1日の変化も楽しく、夕焼け、夜空、日の出と山はいつも違う表情を見せてくれます。できるだけ自然体で山と深く関わっていきたいです\(^o^)/
  • 活動エリア:山梨, 長野, 栃木
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:東京
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2016/02/27(土) 01:47

 更新

嵐の後の登山日和\(^o^)/

公開

活動情報

活動時期

2016/02/20(土) 11:45

2016/02/22(月) 09:07

アクセス:292人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 6,965m / 累積標高下り 6,945m
活動時間45:22
活動距離18.23km
高低差764m
カロリー24515kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前日の天気予報では夜は低気圧が急発達し、防風大雨の予報・・・。中止にするか朝起きてからの決断でも十分まにあう。翌朝、晴れてはいないが風もなく穏やかな土曜日♪ 行けるとこまで行ってみっか❢ いつものように談合坂SAのスタバで朝食を取り、瑞牆山荘の駐車場に着いたのが11時。さすがに雪が降ってきて風が強まってきた。急いで支度をして富士見平小屋に着いたのがお昼すぎ。登山教室で12名が先にテントを張っていてビックリ。やっぱりこの嵐でも結構するのね、と思いつつ、これで何か合っても大丈夫と安堵^^; その日はテントでゆっくりな時間を過ごし、早めに就寝ZZZzzz 夜は雪が雨になり、テントを叩きつけていたが、なぜか安眠(^^)
翌朝、前日の嵐は何処へやら。絶好の登山日和♪♪♪ 早々に身支度して、一番近い鷹見岩に行って絶景を拝み、気持ちが良いので更に大日岩まで足を伸ばし、風が強かったので金峰山までは行かず、一旦テントに戻り昼食タイム(^^) まだまだ時間があるので、今後は桃太郎岩まで行き、幻想的な凍っている川を拝む。またテント場まで戻ってきたが、風もおさまり絶好の夕暮れタイム。もう一度鷹見岩まで行き、最高の夕暮れ時に遭遇❢❢❢ 辺り一面ピンク色に染まる絶景に思わず動画ボタンをポチ♪ ライトをつけてテント場に戻れば、登山教室のメンバーも帰り、山小屋も閉まり、完全にアローン(-_-;) 風もなく、異常に静かすぎる夜を過ごし、翌日に下山。色々あった2泊3日のテント泊であった\(^o^)/ ピッケルの練習はたくさん出来たよー(^^)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン