YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

立石山 子どもと登山

ハーフボイルドさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:学生時代の友達と富士山に登るために道具を揃えてから数年、登山はすっかり御無沙汰してました。
    2012年に福岡に転勤してから福岡に永住するという想いが日に日にましている今日この頃。
    平成仮面ライダーが怖いけど大好きな息子と、仮面ライダーが好きになってしまった娘と、仮面ライダーがちょっとだけ気になる妻のM(007ばりの司令塔ですがただのイニシャルです)、と共に家族で登れるような超低山ばかりを登りはじめた初心者です。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立石山(福岡県)

2016/02/26(金) 21:40

 更新

立石山 子どもと登山

公開

活動情報

活動時期

2016/02/26(金) 10:28

2016/02/26(金) 14:57

アクセス:198人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 265m / 累積標高下り 257m
活動時間4:29
活動距離4.28km
高低差213m
カロリー2594kcal

写真

動画

道具リスト

文章

幼稚園が休み〜、ということで仕事を休んで子どもと登山‼️

今回は訳あって、娘とMはお留守番。息子(4歳)と2人なら、娘(2歳)がいては行きづらい山にすることに。本当は油山が第一候補だったのに、息子が東京の立石と名前が同じところが気に入ったため立石山に決定。岩場があるため、ちょうどいいかも。

普段料理しないのに、前日からお弁当の準備して気合い十分!子どもが好きそうなメニューを選択するつもりが結果、気付いたらかつお菜の胡麻和えなど渋めなメニューもラインナップ(笑)

芥屋海水浴場の第一駐車場に車を停めて、砂浜を抜けて、廃墟のホテル横を通り、登山口を目指す。

貝殻を拾って、棒を振り回し、砂浜を満喫しながらも、「砂が靴に入った〜、砂浜やだ」と誰に似たのか意味のわからない軟弱ぶり。

家ではとっても怖がりの甘えん坊な息子だけど、山のおかげか体力がついてきたので、これからは山で心も鍛えるべし。

今回のルートは、登りは岩場があるけど後ろから支える形でどんどん進めて、帰りも一人でも歩けた。これが逆からくるとなると、おそらく一人では降れないので海岸スタートにして大正解。景色からすると逆ルートの方がいいかもしれないが、次回からもこのルートになるだろうなぁ。

立石山は眺めが最高だからか、平日でも思ったより人がいて、声をかけてもらい、息子も元気が出たみたい。

ハイペースでお菓子を食べてしまったこともあって、休憩のポイントをミスしてしまった。登山口から駐車場まで完全にガス欠。ごめん、息子よ!

木の棒を振り回し全く進まない、更には仕事で電話会議をすることに。。。登山口から予想以上に時間はかかったけど、なんだかんだで仕事中も静かにしながら、最後まで一人で歩けたのは本当に凄い。抱っことも一度も言わずに良く頑張った!

車に乗って10分で深い眠りについたのをみると、かなり限界だった様子。
それでも、今回は、お菓子で羊羹、私のお弁当(かつお菜も美味しい美味しいとたくさん食べるので本当に作り甲斐がある)、男二人の登山、岩場のある山などなど初めてづくしが気に入って本人も楽しかったみたい。

次はペースを間違えないから、これに懲りずにまた行こう!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン