YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

泉ヶ岳、表コース~滑降コース

あっくんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:10年ほど前に散策程度に山歩きを始めましたが、程なく膝を痛めてしまい山から遠ざかってました。
    2015年の春に再開し、無理のない程度に楽しんでます。
  • 活動エリア:宮城
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳

2016/02/28(日) 23:08

 更新

泉ヶ岳、表コース~滑降コース

公開

活動情報

活動時期

2016/02/28(日) 09:35

2016/02/28(日) 14:56

アクセス:268人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,044m / 累積標高下り 1,053m
活動時間4:26
活動距離6.96km
高低差664m
カロリー2091kcal

写真

動画

道具リスト

文章

気温も高くなってきたので、雪は水っぽく重たい。
30~40cm程度の積雪はあるものの、トレースは固く踏み固められてワカンは無くても問題なし
傾斜のあるコースなので入口からアイゼンを装着して出発。
天気は曇り、ほぼ無風なので長袖Tシャツのみでも汗が噴き出す。
できるだけペースを落として発汗を抑えようとしたが、傾斜の有る尾根の岩の上に雪をトッピング(?)したコース
体格の小さい僕は四つん這いになって全身で登るもんだから、どうにも発汗は抑えきれない。
もう少し気温が低いと良いのだけど・・・。
胎内くぐりを過ぎた辺りから、トレースは微妙に登山道を外れ直登コースをとって行きます
そんなにしょっちゅう登っている訳ではないのですが、何となく違和感を感じるものですね。
標高980m辺りからは完全にショートカットです。
山頂では登山道入口でご挨拶を交わした"砂人"さんと暫しの山談議
いつも思いますが、先輩方のお話しは色々勉強になります。有難う御座います。
下りは滑降コース、足を滑らせないように注意しながら滑るように下りました。(??)
大壁付近では先行者の尻セードの跡、僕はというとピッケルで制動の練習(時々やっておかないとね)

下山後、駐車場から振り返って見ると泉ヶ岳スキー場は所々ブッシュも見えていました
もうすぐ3月ですもんね。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン