YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

金峰山を目指しつつ大日岩まで(雪上ハイク)

すずこまさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:丹沢の三角点踏破を目指してます。
    (「すすぱぱ」改め「すずこま」です。。。)
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2016/02/29(月) 20:39

 更新

金峰山を目指しつつ大日岩まで(雪上ハイク)

公開

活動情報

活動時期

2016/02/28(日) 08:16

2016/02/28(日) 15:12

アクセス:247人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,117m / 累積標高下り 1,102m
活動時間6:56
活動距離7.48km
高低差718m
カロリー3454kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雪の百名山を歩こうと金峰山に行きました。雪山は舐めてはいけないと師匠のお言葉を肝に命じ、少しでもリスクがある場合には直ぐ撤退する事を前提での山行でした(隊長が幾つかの判断ポイントを決めておき条件を外したら即撤退するルールを設定しました)。

今回は車で行きましたが駐車場までの道路には雪や凍結箇所はありませんでした。8時頃に駐車場に到着しましたが車は少なかったです。

コース状態は、駐車場から富士見平小屋までは全く雪もなく特に危険箇所もありませんでした。小屋を超えて急坂を超えた辺りから凍結箇所が出て滑り始めたので軽アイゼンを装着しました。大日岩までアイスバーンが続きました。

大日岩昼食後、砂払いまでは行こうとしたのですが途中下山している方より、雪の状態(氷に雪がのった感じ)が歩きづらく、この先も眺望は悪いとの話を伺い、パーティの歩くペースを考えると下山が危なくなる事を考慮しリタイアする事を決定しました(即決)。後は、のんびり下山し、富士見平小屋でコーヒータイムを満喫しました。

次回は暖かいシーズンに富士見平小屋を起点にテン泊し瑞牆山と金峰山を歩きたいと思います。

最後に、今回は例年より積雪(暖冬の影響?)が少なく天候が良い条件での山行だったと思っております。又、ピークを踏めなくても、まだ行けそうだと思っても、少しでもリスクがある場合には、即撤退を基本にしています。このレコを読み楽な山だとは思わない様ご注意頂ければ幸いです(自戒の念を込めて)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン