YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

自宅付近「仏経山」を一周。

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/02/28(日) 23:58

 更新

自宅付近「仏経山」を一周。

公開

活動情報

活動時期

2016/02/28(日) 11:30

2016/02/28(日) 16:11

アクセス:390人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,328m / 累積標高下り 2,356m
活動時間4:41
活動距離12.92km
高低差355m

写真

動画

道具リスト

文章

昨日の山道整備で、腰が痛くなったのだ。本日は、近所を無理せずゆっくり歩き、リハビリです。
自宅から5分、仏経山のふもと、農道脇(立ちSおばの隣)に車を停め、スタート。

まず、ご神体「龍岩」を目指します。仏経山登山道を途中まで行くと、分かり易い看板が設置されておりました。昨日の雨の後、道はぬかるんでいるが、滑って腰にとどめをさしたくはないので、慎重に歩く。鞍掛山を登ると、山頂付近が、しゃれにならないほどの急登(標高図を参照)。せっかく、龍岩を目指したのに、ここでケガ人が出てはいけません。リュックから、ロープを出し、つかまる木が無い斜面に設置した。急斜面を行き来して疲れたので、頂上で一休み。今日は、まだまだ時間があるので、山を一周してみよう。鞍掛山を反対側へ降り、少し行くと「龍岩」へ到着した。最初に、大きな岩が見えるが、その向こうに、さらに巨大な岩がある。おー、これが龍岩だ。岩の上の方には縄が巻かれているが、見るからに、ご神体だという風格が伝わってくる。

さらに道を行くと、鉄塔が2基ある、「高いなー」って眺めた。山の裏側なので、あまり人が歩かないと思うが、けっこう気持ちの良い道だった。道をを下ると、武部超え道の頂上付近に出た。ここは古くからの山超え道だが、今は舗装道路になっている。道路の両脇にはゴミが目に付く。登山道を歩く人よりも、車から捨てる人が多いのでしょう。遂にゴミ袋がポケットから出てきた。三叉路を仏経山方向へ折れ、登り坂に変わる。道終点付近に立派な家があった。居間には、家財道具が無造作に積み重ねられており、人が住んでいない事が分かる。まだきれいなので、つい最近まで住んでおられたのだろう。そこを過ぎると、悪路になってきた。さらに進むと、見た目、行き止まりとなった。北山の達人、天空人さんなら、「良い道」って言われるかもしれませんが・・・。Yamapの地図では、点線になっているし、たしかに昔の道のルートだから、進んでみよう。道具をコンパクトにし、首回りのチャックを閉め、帽子の紐も閉め、芝の中へ突撃していった。平泳ぎのようにして進んで行くと、ちょっと開けた所へ出たが、ここも廃墟後だった。今度は刺&湿地を通過し、しばらく進むと、普通に歩ける道へ出た。仏経山への裏側からの登山口へ到着。この山を越えると、一周できるぞ。

山道途中、ガードレールに落ちた岩の上で、昼食。さらに登り、山頂へ到着した。山頂を覆うように電波塔があり、どこが本当の山頂か分からない。三角点を探したが見つからなかった。山頂付近、昔、曽支能夜社という神社があった場所、(今は麓にあります)にお参りした後、ちょうど小雨が降って来て、ふもとの眺めは霞んでしまった。展望広場の慰霊塔には、川の氾濫を抑えるために作られた新川の工事犠牲者が祀られている。新川は江戸末期~昭和初期まで存在していた。私の自宅は川を埋め立てた所に建っているので、慰霊塔の前に立ち頭を下げた。ちょいぬかるんだ道を下って行き、遂に看板の所まで下りて来た。この地点で山を一周したことになる。さらに、農道まで歩いて行き、「立ちSおば」の横に停めた車まで到着。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン