YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

厳冬 早池峰山縦走 単独行 ④1389ー鶏頭山ー(毛無森)ー岳 

嶋脇光男さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:主に単独を好みます。山はやはり、冬場が一番登り応えがありますね。
    登るしかないじゃない!
    新ブログ
    http://simawaki.wordpress.com
  • 活動エリア:岩手, 青森, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:青森
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

早池峰山・薬師岳・鶏頭山

2016/03/18(金) 21:45

 更新

厳冬 早池峰山縦走 単独行 ④1389ー鶏頭山ー(毛無森)ー岳 

公開

活動情報

活動時期

2016/02/28(日) 07:55

2016/02/28(日) 16:35

アクセス:202人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 858m / 累積標高下り 1,739m
活動時間7:53
活動距離7.93km
高低差939m
カロリー3446kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝起きて、外を見ると雪はたいして積もっていなかった。(宮古市では結構積もっていたらしい)そして今日は行程的に楽なので遅い出発とした(7時半過ぎ)。鶏頭山には九時半頃着。快晴と風速も無く、絶好の条件だった。時間的にも余裕があるので、鶏頭山山頂から空身で、「毛無森」まで行った。案外近い用に見えたが、往復で2時間はかかった。そして岳部落に着いたのは16時過ぎ、岳駐車場にテントを張り早池峰山縦走達成の余韻に浸りながら20時にはシュラフに包まり就寝した。総評、厳冬の門馬からの単独縦走は、平年並みの雪でラッセルのことを考えるとかなり厳しい、最低でも予備日も含め二泊三日が必要。そして山頂から中岳へまでが最大のポイントだ(吹雪かれた場合、今の自分の実力では無理)。今回は山頂に立つ余裕もなかったし、ガイドの助言があったからこそ縦走を達成した。自分の実力の無さを痛感した山行となったのも事実だ。このことからもっと冬山の経験を積み、改めて挑戦する予定だ。「登るしかないじゃない!」 追伸、今回はアイゼン、ピッケルは持っていったものの一度も使いませんでしたが、雪の状況によっては山頂付近で使う場合もあり、それと縦走を無理と判断した場合の南側ルートでは必ず使いますので、荷物が重くなりますがご持参下さい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン