YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日和田山~物見山~五常の滝

くろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日和田山・物見山・天覧山・多峯主山

2016/03/06(日) 16:15

 更新

日和田山~物見山~五常の滝

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 09:46

2016/03/05(土) 13:46

アクセス:159人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,578m / 累積標高下り 1,574m
活動時間4:00
活動距離10.51km
高低差337m

写真

動画

道具リスト

文章

所用で訪れた関東地方。
飛行機の便の都合でぽっかり一日空いたので、最近山に登り始めたという関東在住の知人とともに埼玉県日高市へ。

西部池袋線高麗駅を起点に、まずは日和田山に向かう。
駅からしばらくは舗装路を歩き、山の麓から未舗装路に入る。
最初の鳥居を越えると男坂と女坂の左右への分かれ道があり、岩場を通るとされる男坂方面へ。
岩場は急登であるがそれほど危ないと思われる場所もなく程よい距離で、ルートを考えながら登るのがなかなか楽しい。
一汗かいた頃に見晴らしのよい場所にでたので軽く休憩。
空気が澄んでいれば、富士山なども見えるそう。
その後、日和田山山頂へ。

日和田山からは高指山を経由して、物見山へ。
物見山山頂は広々としていてベンチが沢山あり、多くの方々が昼食を取られていた。
山頂でコーヒー休憩を取ったあとは五常の滝へ。
滝の上流の水量が少なくどうかなと思っていたのだが、想像していたよりも立派な滝は水量が少なくても見映えがするものであった。
五常の滝からは舗装路を使って、行きと同じ西部池袋線の武蔵横手駅に向かい、山行は終了。

今回初めて関東地方(奥武蔵)に行ってみたのだが、登山者の数や登山道の整備のされ方など、四国の山とは随分様子が異なっていて、興味深く思えた。
また機会があれば、別の山にも登ってみたい。

なお最後に、東京行きの飛行機から見えた富士山の写真を載せてみた。
自分だけかもしれないが、富士山を見ると妙に興奮してしまうから不思議なものである。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン