YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲仁田山は電波塔しかないしんどい山でした

いたづらパパさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:なまった体を叩き直すために山歩きを始めました。
    日帰り登山が基本です。
    登っている時は「2度と登らない」と思うのですが、帰宅すると不思議と地図を広げて「次はどこ登ろうかな?」と考えている自分がいます。
    これが山の魅力なんでしょうか。
    まだまだ素人ですが、マイペースで頑張っていきます。
  • 活動エリア:埼玉
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:兵庫
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

武甲山・伊豆ヶ岳・子持山

2016/03/05(土) 20:49

 更新

甲仁田山は電波塔しかないしんどい山でした

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 07:32

2016/03/05(土) 13:49

アクセス:170人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,100m / 累積標高下り 2,103m
活動時間6:17
活動距離11.90km
高低差603m
カロリー4238kcal

写真

動画

道具リスト

文章

こんにちは。

奥武蔵詳細地図を参考に歩いてきました。激坂ありでしんどいルートでしたが、古のルートや道標もあり充実した山歩きでした。

①正丸駅⇒大グミ
秩父往還を歩きました。植林地帯の枝打ちで歩きにくいものの、ルートは明瞭で気持ちよかったです。途中で大グミに至る尾根に乗りました。山頂直下は急坂で、ルートもはっきりせず足場も悪いですが、上を目指せばいいだけです。山板名も眺望もなく、寂しい山頂です。
②旧正丸峠を経て川越山へ
関東ふれあい道に出て、川越山を目指します。旧正丸峠からは、階段が延々と続きます。山頂は三角点と道標がありましたが、眺望もなく、ただの通過点ですね。
③南沢左岸尾根から旧名栗街道を歩く
川越山山頂から南沢左岸尾根をあるきました。道標等は一切ありませんが、フカフカの雑木林尾根で歩くと気持ちいいです。分岐が何か所かありまあすが、テープを追えば大丈夫です。(林業のテープもあるので注意)
旧名栗街道は山腹をトラバースしてあるくので、気持ちいいです。登り下りもほとんどありません。追分の道標は歴史を感じるもので一見の価値あり。
④焼山林道から甲仁田山へ
焼山林道から取り付きを探しますが、わかりにくいです。(右往左往しました)ルートも踏み跡薄く急坂が延々と続きますが主尾根が見えるので、そこを目指します。途中からテープが導いてくれます。主尾根にでても、まだ250mくらい標高を登る必要があり、山頂直下はまさに激坂です。道もザレており、滑るので気の根や立木につかまりながら、牛歩で登ります。せっかく登頂しても電波塔しかなく、さえない頂上です。秋には紅葉が綺麗らしいです。
※甲仁田山に行かれるのであれば、二子山雄岳から尾根伝いに行くことをオススメします。
⑤二子山をへて芦ヶ久保駅へ
雄岳・雌岳をを通過し、下山。途中8人くらいとすれ違いました。さすが人気のコースですね。
甲仁田山までは誰にもすれ違わなかったんですけどね。

今日は距離のわりに登り下りが激しく足がパンパンになりました。まだまだ修行がたりませんね。
今日は2回転倒し、倒木に頭をぶつけ裂傷するなど散々な目にあいましたが。山歩きやめられませんね。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン