YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

百名山 冬の荒島岳

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

荒島岳

2016/03/06(日) 22:11

 更新

百名山 冬の荒島岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 07:41

2016/03/05(土) 14:13

アクセス:863人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,360m / 累積標高下り 1,385m
活動時間6:32
活動距離8.70km
高低差1,185m
カロリー3103kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週は荒島岳へ行ってきました。

天気予報は曇り後晴れ、大崩れは無いと出かける事にしました。
勝原コースの登山口がある駐車場までは、高速道路をフルに使って3時間ほどかかります。
少しでも睡眠時間を確保するため、前日金曜日の22時に家を出て、東海北陸自動車道のPAで仮眠しました。
4時半に PAを出発。出発後直ぐに雨が降ってきてしまいました。
6時 駐車場着 しかし小雨が降り続いています。
駐車場には既に10台位の車がいました。前日入りの人達のテントもあります。まだ薄暗いのと、雨が止む事を期待して待つ事にします。
明るくなると、小雨が降る中続々と皆さん出発していきます。8時までに雨が止まなかったら、登らず帰る事も考えていました。
7時20分 車に当たる雨粒も感じられなくなってきました。止みそうな感じなので急いで準備します。
7時40分 雨も止み 出発します。
登山口は、元勝原スキー場のリフトトップにあります。そこまではゲレンデ跡をひたすら登って行きます。
今朝降った雨と、気温が高いので雪はグチャグチャ、雪が無い所はドロドロ、水が川のように流れています。
ネコヤナギの花穂も顔を出していたりして、もう春なんだと感じます。

8寺30分 登山口到着
リフトは完全に朽ちています。ここまでで既に50分と、結構大きなスキー場だった事が分かります。
ここから、樹林帯に入って行きます。

トトロの木
少し登って行くと、ブナの木が多くなりブナの森に入って行きます。
その中でひと際目を引く、ブナの大木が有ります。それがトトロの木です。どこがトトロなんだろ??良く分かりません。。
ネットで調べると、荒島愛山会で募集した登山に参加した少女が、この木を見て『トトロの森みたい。』と言ったのが始まりのようです。

しゃくなげ平
絆と友愛の森の看板を過ぎるとその先が急登で、ここでクランポンを装着しました。急登を登り切るとしゃくなげ平です。
他の方は、ここで休憩をとり、クランポンを装着しています。この先には荒島岳一番の難所、もちが壁が待ち受けています。

もちが壁
しゃくなげ平を少し下ると、その先にほぼ垂直な山肌が見えてきます。文字道理 壁です。
右のトレースを行けば、夏道で右端を登る巻き道のようです。トレースが左側にも向かっています、ここを直登をする人がいるようです。
巻き道と言えど、とんでもない急登になっています。先行者の足跡を慎重にたどって登っていきます。足跡を外すと、踏み抜いたり、雪が崩れていきます。おまけに、早くに出発した人達が丁度下山してきて、この狭い所で避けあいになります。雪崩が起きたら・・・嫌なことが頭をよぎります。

何とかもちが壁を登り切り、振り返ると小荒島岳や白山方面が見えています。
尾根に出ると、ガスと風が強くなりホワイトアウト寸前です。

11時30分 荒島岳 1523m 山頂  \(^_^)/ヤッター
山頂には、山頂標識と神社、あれ・・方位盤が有りません。雪の下に埋まっているようですね。
数枚の写真を撮り、直ぐに下山します。

もちが壁下り
今日一番の危険個所、ここさえ超えれば無事下山に近づけます。
軽アイゼンで登って来たのか、カップルが立ち往生してます。ここでは12本爪も関係ありません。この角度で足を滑らすと、滑落です。
とにかく慎重に、一歩 一歩下りて行きます。 フゥー、、、何とか無事生還です。
下りた所でふと上を見ると、もちが壁を直登するパーティーがいるじゃないですか、結構無茶してますね。雪が緩いので雪崩の発端にならないことを祈るばかりです。
一番の難所を過ぎたので、ここでご飯にしました。ご飯を食べている間に、直登パーティーも無事登り切り先に行ったようです。

14時15分
駐車場まで戻って来ました。 無事下山する事ができました、ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン