YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

徳舜瞥山〜今日は登らないと決め込んだバロン〜

まりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2011年から富士山に登りたくて登山を始めました。
    2012年、2013年に登頂後は北海道の山を登り続けています。
    最初は体力がなくて辛くて若干嫌々登ってましたが、最近はだいぶ登れるようになって山を楽しんでます。
    山に行かないとストレス溜まるくらい大好きになりました。
    今シーズンから冬山を始め、冬山の魅力に取り憑かれています。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

徳舜瞥山・ホロホロ山

2016/03/05(土) 22:22

 更新

徳舜瞥山〜今日は登らないと決め込んだバロン〜

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 08:37

2016/03/05(土) 14:32

アクセス:642人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 789m / 累積標高下り 789m
活動時間5:55
活動距離7.46km
高低差755m

写真

動画

道具リスト

文章

#7 徳舜瞥山

本日は晴天。登山日和でした。
冬山に行こうと思ってから一番行きたかった徳舜瞥山に行ってきました。
時間も遅かったので、バロンはもう行ってしまったと思っていたら車に飛びついてくるという歓迎ぶり。
危ないよ!危ないよ〜〜〜!!と言いながら車を停め、「まだいたの〜?デカイな〜、バロン。可愛いの〜〜〜♪」と触れ合い、民家の方に車を停めさせてもらって準備。
バロンはなんかないの?ねぇねぇ、なんかちょーだい。とザックを見つめていました。
出発する時に、行くよ、ほら、行くよ、と言っても、全く来ませんでした。
他の登山客の皆さんも、今日はバロン来ないね、バロンは怠け者だね、とおっしゃっていました。

気を取り直して登山開始。
まぁ、最初から最後まで絶景すぎで、ただただ感動でした。
なので写真多めです。バロンの写真も多いです(笑)
最後の急登は白老岳を想像していましたが、スノーシューでもなんとか行ける感じでした。
下りは足で降りるのは怖いので、生尻で滑って、安全な所まできた時点で新兵器お披露目しちゃいました。
ニコチャンボード。
ものすごいスピード出ます。回転します。クラッシュします。
その初滑りを山頂で出会った『デジカメ持って野に山に』というブログをやっている方に激写されたので(笑)そのうちアップしてくれそうです。

本当に今日は風もほとんどなく晴れていたので、楽しい登山になりました。
家に帰ってから、家の猫のバロンに犬のバロンチェックされました(笑)
浮気してごめんよ。

*バロンの立派なうんPがトレース上に落ちていたので、登られる方は要注意です(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン