YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

関の山~大山

山ヤスさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:プロフィールを更新しました。
    若い頃、多くの山に登っていても、すべて自分の頭の中だけでの記憶に留まっており、割と鮮明に覚えている山もあればどういうコースを登ったか曖昧な山もある。
     現在はYAMAPに記録が残ることが楽しみで、今まで登った山をもう一度登り直し少しづつでも登録数を増やしていきたいと思った。

     そこで、これから登って行く山を確認する意味において今まで登った山のすべてを列挙することにした。
     YAMAPに登録してまだ半年、未登録が多すぎてすべてを終えるのは無理としても、なんとか福岡県内の山くらいは完遂したい!
     20代から30代にかけては主に久住山系を中心に県外の山が多く、退職後は低山を中心に福岡県内の山が多い。
    昔は若い分、体力も十分あり、がむしゃらな山行きもしたが、今は一番が健康目的、二番目以降は体力に合わせての山行きとする。基本的にはゆっくり歩くということです。

    因みに私のホームの山、白岳~松尾山~立花山~三日月山コースは往路と復路を違うルートで登れば20を超えるルートで登れますのでいろいろ楽しんで登っています。

    ☆福岡県の山(109座)
     十坊山、浮岳、女岳、二丈岳、羽金山、雷山、井原山、金山、猟師岩山、脊振山、蛤岳、石谷山、九千部山、基山、貫山、大平山、足立山、小文字山、砲台山、戸ノ上山、福智山、鷹取山、尺岳、英彦山、釈迦ケ岳、岳滅鬼山、黒岩山、犬ケ岳、矢筈山、風師山、障子ケ岳、岩石山、牛斬山、香春岳(二ノ岳・三ノ岳)関の山、大山、六ケ岳、笠置山、城山、金山(南岳、北岳)、湯川山、孔大寺山、西山、犬鳴山、岳越山、油山、可也山、立石山、火山、柑子岳、男天ケ岳、女天ケ岳、宝満山、仏頂山、頭巾山、三郡山、鬼岩谷山、砥石山、前砥石山、若杉山、岳城山、大根地山、大城山、岩屋山、大原山、水瓶山、天拝山、飯盛山、叶岳、高地山、高祖山、黒金山、牛頸山、龍王山、宮地山、在自山、許斐山、新立山(権現山)、遠見岳、日王山、皿倉山、権現山、立花山、三日月山、松尾山、白岳、井野山、石割岳、平野岳、砥上岳、宮地岳、目配山、小鷹城山、大平山(甘木市)、安見ケ城山、大法山、白馬山、三高山、酒呑童子山、釈迦岳、御前岳、渡神岳、古処山、屏山、馬見山、鳥屋山、三池山
    ☆佐賀県の山(5座)
    黒髪山、作礼山、天山、多良岳、経ケ岳
    ☆熊本県(15座)
    八方ケ岳、俵山、冠ケ岳、清栄山、烏帽子岳、高岳、中岳、根子岳東峰、白髪岳、雁俣山、小岱山(丸山、観音岳、筒ケ岳)、国見岳、市房山、
    ☆大分県(33座)
    鶴見岳、由布岳、福万山、万年山、倉木山、大岩扇山、小岩扇山、久住山、中岳、稲星山、星生山、扇ケ鼻、三俣山、平治岳、大船山、北大船山、白口岳、黒岳(高塚山・天狗岩)、涌蓋山、女岳(湧蓋山)、みそこぶし山、一目山、猟師山、合頭山、黒岩山、下泉水山、上泉水山、祖母山、大障子岳、古祖母山、本谷山、笠松山、傾山
    ☆長崎県(4座)
     虚空蔵山、雲仙普賢岳、妙見岳、国見岳
    ☆宮崎県(14座)
    韓国岳、新燃岳、獅子戸岳、中岳、高千穂峰、白鳥山、大崩山、鹿納山、五葉岳、お姫山、三方岳、石堂山、黒岳(諸塚村)江代岳(津野岳)
    ☆鹿児島県(4座)
    開聞岳、高隅山系(大箆柄岳、御岳)宮之浦岳
    ☆九州以外(11座)
     伯耆大山、石鎚山、乗鞍岳、槍ヶ岳、雄山、北海道大雪山(黒岳、間宮岳、旭岳)、利尻岳、ニセコアンヌプリ、羊蹄山

     計 195座
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

戸谷ヶ岳・荒曾山・熊ヶ畑山

2016/03/05(土) 21:10

 更新

関の山~大山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 10:16

2016/03/05(土) 13:30

アクセス:208人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,377m / 累積標高下り 1,371m
活動時間3:11
活動距離5.71km
高低差340m

写真

動画

道具リスト

文章

低山ではあるが眺めも良い地元の人に愛されている山、関の山(2回目)に行ってきました。山名に由来がありそうと思って前回この山に行くとき調べたことがあった。「これが限界ですこれが精一杯。という意味をこれが関の山です」という言い方するので、山名に由来してこの言葉が使われるようになったのかなと思ったが全然関係なかった。実際はこの関の山には昔太宰府官道の関所があったということから付いた名前らしい。

関の山は登山口が5つあって代表的なルートが7つあるらしい。前回初めて登ったコースは正面ルート、何も知らずに登ったこのコースは調べて見ると幼稚園コースということらしく小学生が遠足などで利用するという。少しがっかりしたので、今日の上りはこのコースを通れんなと思って狸穴桜コースを選択した。下りは5合目までこの正面ルートを通って展望所から大山に行き旧道ルートで元に戻ってきた。確かに地元の小学生が書いた案内板が随所に見られた。「今からスタート、ゴールまで頑張れ、ファイト」「やっと頂上、よくがんばったね。帰りは気をつけてください」こんな案内板を見るとほのぼのとした雰囲気を感じる。

今日の山頂はPM2.5の影響があるのか少し遠くが霞んで見えた。
前回登ったときに地元でよくこの山に登っている人と話をしていたら、すごく関の山のことを自慢そうに話をされていたのが印象に残っていた。ご来光のときはすごく人が多いのですよ。と!確かに山頂は広くて眺めも良いし、ベンチや寝そべられるところもたくさんあって、家族連れで来ても楽しい山だなと。
ただ難点は登山口(旧キャンプ場のあったところ)がわかりにくいこと。
民家の横から入るところに小さな表示で登山口と書いてある。周囲にはこの場所を案内するような看板もない。初めての人にはちょっとわかりにくいのでは?と思った。旧のキャンプ場(平成22年3月閉鎖)であったが、その後も立派な東屋などが残っていた。しかし今日行ってみるとそれも取り壊されていた。

 関の山は健康登山で登る人も多いと聞く。低山で家族連れでも楽しめる山なのでもっと多くの人に知ってほしい山の一つであることを改めて思った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン