YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ロックガーデン-ピラーロック-キャッスルウォール-荒れ地山

バカボンはじめさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:5歳の時に、親父と富士山へ上ってからの海より山男です。
    運動音痴なので、ほかのスポーツは大抵苦手ですが、登山だけは大好きです。
    足腰が続く限りは登り続けたいと思ってます。
  • 活動エリア:兵庫, 大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2016/03/05(土) 22:19

 更新

ロックガーデン-ピラーロック-キャッスルウォール-荒れ地山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 08:18

2016/03/05(土) 15:38

アクセス:170人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,990m / 累積標高下り 2,978m
活動時間7:20
活動距離14.10km
高低差564m
カロリー4805kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、穏やかな春(いや夏日でしたが・・・)の日和となったので、少しお散歩に。
前々から目を付けていた滝の茶屋のおでんを食べるために、禁じ手の変形ピストンをやりました。
高座の滝から、中央尾根の快適なコースを風吹岩を目指します。風吹き岩の一寸手前で、ピラーロックへ寄る為に谷へ下りる方向(とても分かりにくいですが、トレースを参考にしてください。地獄谷から上がる場合は悩みません)へ下ります。
下りで使うのは嫌だなの典型的な道を中腹まで降りて、山際を歩くとピラーロックの取付きが見えてきます。右回りと左回りがありまして、右回りはちょっと急斜面、左回りはいっぱい足上げするという特徴が有ります。
ピラーロックでしばらく休憩して、直登して中央尾根本線に戻ります。
風吹岩へ表敬訪問したあとは、少し引き返して高座谷方面へ(風吹岩から数えて2本目の送電鉄塔の手前で左に分岐する箇所が有ります。)高座谷への途中、いくつか枝道が合流してきます(地図には載ってないと思います)が、迷わず南東方向の低い方へ歩いていくと、道標が見えてきます、そのころには東側斜面に大きな崩落が見えていると思います。その北側がキャッスルウオールのロッククライミングポイントです。
少し高座谷を北上して、奥高座滝を鑑賞したあと、キャッスルウオールへ戻ります。
キャッスルウォールの西壁は、ハーネスと保持具(フルテンションかけられるザイル等)、ヘルメット等を装備していない人は、危ないので登らないでくださいね。少し北側も、なんとなく登れそうな気がしますが、精神が折れた時に下るのが非常に危険だと思います。
今日は、さらに北側のエスケープルートから上がります(まあ、ここも、ほぼ壁ですが、足場と指でつかむポイントが豊富なので、ゆっくり上がれば大丈夫だとおもいます。
西壁のてっぺんの棚に降りて、恐る恐る下を覗いてみましたが、すごい高度感に圧倒されます。ちゃんと装備をして、訓練を受けたら楽しめそうですが・・・・
キャッスルウォールをあとにして、荒れ地山方面に向かいますが、荒れ地山のプラグ群はすぐ見えてきます。
岩梯子をよじ登り、七右衛門クラをすり抜けて、メインルートから北に少し離れた巨大な棚の上でランチにしました
ランチ後は、ゆっくり歩いて横池まで行き、池のほとりでマットを広げて昼寝としゃれこんだんですが、なんか池の方からバシャバシャ音がするわ、人の足音とは違うリズムで何か動物が歩いている気配がしたので、起きてみると、巨大な母猪と子猪が、ほんの数メートル先でお食事中で、かなりびっくりしましたよ。
あとは、風吹岩まで戻って、高座谷へもう一度降りて、高座の滝下にある、滝の茶屋でおでん3品と米酒2杯頂いて下山しました。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン