YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

掛頭山スノートレッキング

ちーこさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山仲間さん達や、小学生の息子、時々参加の旦那とのんきな山歩きです。
    植物や動物などの名前は調べて書いているものの間違っているかも、、、ごめんなさい。
  • 活動エリア:広島
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1973
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

臥龍山(刈尾山)

2016/03/06(日) 09:14

 更新

掛頭山スノートレッキング

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 09:33

2016/03/05(土) 15:51

アクセス:170人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,183m / 累積標高下り 1,184m
活動時間6:18
活動距離7.94km
高低差344m
カロリー2559kcal

写真

動画

道具リスト

文章

山仲間さんたちと掛頭山へ行ってきました。
2週間前にはかき氷を食べた臥龍山のお隣です。

気温は高いし、雨は降ったしでもう最後の雪あそびでしょうか。

かりお茶屋まで路面は全く問題なく、スノーシューを履いて出発!
湿原眺めながら車道を進み、二川キャンプ場を通り抜け、登山口に到着。
最初からシャツ一枚になり急な道を進みますが、暑い暑い!
雪も重いので、さらにしんどく感じます。

しかし、見上げると青空にブナの姿が美しく、止まっては写真を撮り隙間から見える里山がどこどこで、、、と話しながらのんびりと登りました。
今シーズン買ったアイゼンも、雪が少ないこんな日こそ、と、多少練習してみました。

鉄塔が見えてくると、もう山頂です。
目の前が芸北国際スキー場。
遠くの山々は霞んでいますが、絶景です。

風が強いので、すこし窪んだあたりに雪を掘って椅子を作ってりして昼休憩にしました。
そのうえ、休憩場所の前にちょうどよく勾配があり、老若男女童心に帰る。。。(笑)
思ったより楽しかったです。

その後は猿木峠に向け下山し、先々週同様のルートでかりお茶屋まで戻りました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン