YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

阿蘇三岳

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

阿蘇南側

2014/09/22(月) 01:19

 更新

阿蘇三岳

公開

活動情報

活動時期

2014/09/21(日) 07:35

2014/09/21(日) 13:54

アクセス:608人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,065m / 累積標高下り 2,851m
活動時間6:19
活動距離32.94km
高低差1,106m
カロリー3631kcal

写真

動画

道具リスト

文章

当初は、杵島、烏帽子岳からの中岳、高岳まで縦走したかったのですが火山の規制により仙酔峡と草千里間は車での移動となりました。

メンバーは、ゆり様、H.Y氏と僕。
まずは高岳、中岳。仙酔峡ロープウェイ乗り場からスタート。
聞きしに勝るバカ尾根。登っても登ってもまだ登り。
途中、九重連山を眺めるふりをして休みます。
ようやく平らなところへ到着。南側には大昔の火口でしょうか、大鍋があります。
東に進路を取り根子岳を眺めにいきます。
北側は断崖絶壁で足がすくみます。そして、ゴジラの背中みたいな虎ヶ峰、鷲ヶ峰が見えてきます。
あそこを歩く人いるのだろうか。
さらに東に進むと壁のような大岩がありそれを巻いて進むと絶景が待っていました。
雲海に浮かぶ根子岳です。急峻な天狗岩に雲が巻きつき水墨画のような風景です。
遠くには祖母山系が。

少し戻り大鍋へおりて行きます。すると突然のガス発生。真っ白です。視界20mくらい。
幸い地面の岩にペイントがあるため迷わずにすみました。
そして中岳山頂へ。
その瞬間ガスが消え、火口、砂千里方面が一望できました。
こちらも絶景です。
来て良かった。
高岳を一応おさえて下山です。
下りも気が抜けません。つまずいたら大怪我確実です。気を緩めず慎重に。
ようやく駐車場に到着し下山完了。

腹も減ってきました。今からどうするか協議。
根子岳案もありましたが、疲労感強く、草千里でご飯にしようとなりました。

草千里到着すると、杵島岳にご飯目的で登ろうと言い出す輩が現れました。
そう、足にキャタピラを持つ女、ゆりドーザーです。
我々下っ端2人は逆らえず、行くことに。
まあ、3〜40分で登れるみたいなのでいいか、、、ところがずーーっと、
急な階段とセメントの急登。
バテバテです。黙々黙々黙々登ります。
で、とうちゃーく。
広い山頂、もう食うしかありません。
持ってきた食材、どんどん調理します。
ホルモン焼が解凍し汁がザックの中にぶちまけられていたのはショックでしたが
どうでもいいです。インスタントですがうまそうなパスタも出来上がりました。
腹減った。いただきます。
ゆり様からおにぎりと鴨南そばをいただきほぼ満腹。
デザートは下山し草千里のレストハウスのソフトクリーム。最高です。

次回は、根子岳を攻めて、烏帽子岳をハイキングし、五岳制覇としたいと思います。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン