YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

堂ヶ沢山 363.9

山葉燃瑠さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:夏はロングハイクを中心に、秋から春はまったり低山歩きをしています(寒いの苦手(+o+))テレフォン人生相談のアドバイザー、三石由紀子さんの大ファンでもあります。バシバシぶった切る舌鋒に痺れます~!大原敬子さん最近丸くなって悲しい(T_T)どうしちゃったの?
  • 活動エリア:岩手
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:沖縄
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:
  • その他 その他

万寿山

2016/07/02(土) 12:19

 更新

堂ヶ沢山 363.9

公開

活動情報

活動時期

2016/03/06(日) 08:25

2016/03/06(日) 12:01

アクセス:110人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,002m / 累積標高下り 1,011m
活動時間3:17
活動距離10.36km
高低差257m
カロリー1364kcal

写真

動画

道具リスト

文章

草井山に続き花巻周辺の山です。今シーズンは雪が少ないので藪が賑やかになる前と、今日は堂ヶ沢山に来ました。開かれた山ではありませんので、当然看板等は一切ありません。雨です。更にガスに覆いつくされてそこに山があるのさえ分かりません。雨の山行はテンションが上がりませんが、ヤワな魂に鞭打ち身仕舞を整えます。花巻温泉バラ園の東側から林道に入ります。想像通りの林道です。使われなくなって久しいのでしょう。通せんぼの倒木が至る所にあります。それさえなければ、ブッシュもそれ程繁茂していないので、役目を終えた林道としてはいい状態の方だと思います。1時間足らずで山頂に着きました。雨は相変わらずですが、ガスが一段と濃く視界がまったく利きません。小桜山へ周る予定をしていたのですが…基本、ヤワでビビリ体質をモットーとしていますので、この悪天候での縦走ルートへの一歩に、やはり体はわなわな打ち震えて中々踏み出せません。心臓の鼓動も百メートル全力疾走とまでは行かないとしても、軽いジョギング後くらいには高鳴っている気がします。逡巡した挙句、好奇心に負けて行ける所まで行こうと意を決しました。広めの縦走ルートはツボ足で踝から脛の積雪です。視界が利けば西の対に小桜山が間近に、東側は花巻の市街地が見えている筈です。晴れていれば気持ちのいいルートである事は容易に想像出来ます。今日は残念ながらどこを見ても乳白色のガスに覆われています。山頂手前から先行者に気は付いていました。余程の俊足の持ち主と見えて後ろ姿さえ拝めません。縦走ルートに入ってからは、奴も疲れたのか所々で休憩した後があります。雪をほじくり大地に体をゴロゴロなすりつけている様子です。先行者はずーっとカモシカかその類だとばかりだと思っていました…足跡をよく見ると、なんかいつも見るのよりひと回りは大きい気がします。カモシカや鹿も大地ゴロゴロするのでしょうか?猪はゴロゴロします。とりあえずこの縦走ルートは「ゴロゴロライン」と名付けました。詳しい方がいたら教えてください。392ピークと372ピークの辺りは若干迷いました。GPSがないとルートファインディングは無理かも知れません。山頂から1時間程で小桜山の尾根と合流するポイントに着きました。視界は相変わらず利きません。決して猪年生まれではありませんがとりあえずここまで来ました。しかしここからは緊褌一番なのは分かっています。好奇心だけでは小桜山は向かえません。現役引退したヤマップ専用スマホのバッテリー残量は50%を切っています。小桜山へのルートはマップ上にルートはなく、有視界で歩けない以上、常にGPSで確認しながらで進行しなければなりません。多分1時間程で着くとは思いますが、GPSを開きっぱなしでは間違いなくそれまでにスマホは絶命します。視界が利けば野生のカンも期待出来ますがそれも無理です。エスケープルートもありません。左右いずれかに迷い込めば深い谷か深い山が待っています。迷う事なくヤワでビビりな魂の勝ちです。ここから新湯本温泉(廃業だよ)へ抜けると、花巻温泉までの距離はありますが、里でGPSは無用でしょうからこちらへ向かう事にします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン