YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

那須岳(大丸~朝日岳~茶臼山)

つねさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:栃木, 群馬, 山梨
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

那須岳・茶臼岳・赤面山

2016/03/06(日) 21:48

 更新

那須岳(大丸~朝日岳~茶臼山)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 09:30

2016/03/05(土) 14:50

アクセス:162人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間5:20
活動距離0m
高低差0m
カロリー2861kcal

写真

動画

道具リスト

文章

那須塩原駅から路線バスで終点の大丸温泉へ。ここから出発し、峠の茶屋駐車場(冬季閉鎖中)を経て、まずは稜線の上にある峰の茶屋跡避難小屋を目指します。
樹林帯の中はまだ30cmほどの積雪がありますが、樹林帯を抜けて砂礫の斜面に入ると、一部の斜面や谷筋以外は雪がありません。
一応、軽アイゼンは持参していたのですが、結局最後まで使わず。

1時間ちょっとで峰の茶屋到着し、先に朝日岳に登ることに。
剣が峰を迂回する雪渓のトラバースでは、気温が高く雪が緩んでいて危ないかも・・・と、引き返してくる人もいたので、剣が峰に直登して先へ進むことにします。
ただし、剣が峰の斜面は浮石の多いガレ場となっているので、落石させないよう注意。また、それ以外の場所でも雪解けによりカツーン、カツーンと落石の音がしていたので、自然の落石にも注意です。
峰の茶屋から1時間かけて朝日岳へ登頂。
頂上から見渡せば、これから登る茶臼山が雲海の中に浮かぶ島のようにそびえています。
しばし休憩と撮影タイムの後、再び峰の茶屋まで戻り、今度は茶臼岳へ。
雪どけ水が流れるガレザレの登山道を登ること1時間で、茶臼岳登頂。
山頂に祭られた「那須嶽神社」にお参りして無事登頂のお礼を。
強風が吹くことも多い那須岳ですが、今日は穏やか。

茶臼岳の噴火口を一回りして、バス停のある大丸温泉へ下山。

出会った方々の装備は、12本爪&ピッケル、チェーンスパイク、アイゼンは付けずピッケルのみなど様々でしたが、雪が少なく、すぐにガレザレの道になるので、安全装備とは言えアイゼンを付けっぱなしは逆に転倒などの危険があるのではと思いました。
雪も凍結していなかったので雪の斜面もキックステップで難なく登れましたし、アイゼンは必要な個所以外装着せず、滑落防止にピッケルを手に、というのが最善だったような気がします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン