YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲武信ヶ岳(毛木場周回)

はやぶさ半さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:福島から伊那谷に単身赴任中。週末は福島に帰省するため平日の休暇か土曜日に日帰り登山を楽しんでいます。
    YAMAPは登山の時に地図GPS表示させて使っています。
    記録はメインを”ヤマレコ”に投稿しています。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-171947-data.html

    ここ7年のベスト日帰り登山
    日付 山 距離/行動時間
    16/08/11 悪沢岳/小渋川 32.2/12:42
    16/07/01 甲斐駒八丁・黒戸尾根 24.2/10:56
    16/09/09 鋸岳釜無川/八丁尾根 25.6/14:29
    15/08/08 赤石岳/小渋川 23.3/10:30
    16/07/24 空木=越百山 25.3/9:22
    15/10/16 餓鬼岳・唐沢岳 20.8/10:18
    16/05/16 笊ヶ岳~ランカン尾根 19.5/10:10
    10/08/13 越百/仙涯嶺/シオジ平 25.4/10:20
    11/10/28 劔岳/早月尾根14.5/9:45
    16/05/22 阿弥陀/南北中央稜+赤岳 15.1/6:26
    11/09/16 塩見岳 24.3/8:45
    10/08/20 鹿島槍ヶ岳/大谷原 18.9/8:30
    11/09/23 甲斐駒黒戸尾根 17.1/8:05
    16/09/25 木曽駒/桂小場 23.5/8:34
    11/07/16 聖岳/聖光小屋 15.8/8:10
    12/10/31 南駒ヶ岳、越百山 19.1/9:20
    15/11/12 阿弥陀、赤岳、権現 18.7/7:49
    12/08/03 鋸岳/戸台 21.1/8:25
    11/08/05 大朝日岳/朝日鉱泉 18.7/10:20
    15/12/13 赤岳/真教寺-県界尾根 13.0/7:03
    14/08/16 大天井/一の沢 21.5/8:05
  • 活動エリア:福島, 長野, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:福島
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

甲武信ヶ岳

2016/03/07(月) 00:25

 更新

甲武信ヶ岳(毛木場周回)

公開

活動情報

活動時期

2014/10/24(金) 07:09

2014/10/24(金) 13:03

アクセス:103人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,595m / 累積標高下り 1,566m
活動時間5:54
活動距離15.93km
高低差1,024m
カロリー2939kcal

写真

動画

道具リスト

文章

休みは取ってあったが、膝の具合が思わしくなく、長距離は歩けなさそうだし、高い山は雪と氷の世界になってしまったし、ここ数年来行きたくても行けないでいた光岳はアプローチの林道が通行止めになってるし、さてどうしたもんか、と思っていたのですが思わぬ伏兵!!山梨(甲州)、埼玉(武州)、長野(信州)の3国の境にある”甲武信ヶ岳”ってのがあった事に気づき行く事にしました。
標高は2500mに満たないのですが、結構奥深い山で歩く距離もそこそこあります。ただし、標高差はアルプスほどなく、下りの負担も少なそうだし、何しろ紅葉が見頃難じゃないかという事で出かけてみました。

アパートからは1時間40分くらい、駐車場はしっかり整備されトイレもきれいでした。

写真はこちらから。

WEBアルバムはこちらから
https://plus.google.com/photos/112776385589439543073/albums/6074104322978327345

たいした事無い山だと思っていたのが大間違い。
八ヶ岳のようにコケに覆われた綺麗な森で、道も変化にとんだ面白いコースでした。
十文字から甲武信までの稜線は、岩場もあって楽しいところでした。
眺めも絶品です。八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御岳、遠くに北アルプス、そして富士山。関東の山も見渡せますが特徴無く良く分かりません。

そして圧巻は千曲川(信濃川)の源流地帯です。
ここから始まってる!という場所は”渓谷”ではなく、ホントに”源流部”という感じの穏やかなコケに覆われた綺麗な場所でした。
沢登りなどでいろんな源流を見てきましたが、こんなに綺麗な場所は見た事無かったです。
というか、渓谷で滝や淵、ゴルジュが無ければ魅力を感じてなかったのですが、今回ばかりはそれが無くてもOKでした。

膝は登りから違和感がありましたが、なんとか持ちこたえてくれました。
なるべく変な動き(ねじれないよう)に注意て歩き、下りはサポータでがっちり固めてみました。
それでも痛みは出ていたのでセーブしながら歩いてみました。
しばらくは安静にして完治させて来年のシーズンに備えようと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン