YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

余市岳 真っ白バックカントリー

太①さん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:夏山登山、トレラン、冬山登山、バックカントリースキーと北海道の自然を満喫してます。
    2017年ガイド資格取得中

    道警登山届け
    https://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/consult/yama-mail/tozan_mail.html
  • ユーザーID:44686
    性別:男性
    生まれ年:1981
    活動エリア:北海道
    出身地:北海道
    経験年数:10年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

余市岳・定山渓天狗岳

2017/01/23(月) 10:22

 更新
北海道

余市岳 真っ白バックカントリー

活動情報

活動時期

2016/03/08(火) 09:58

2016/03/08(火) 14:47

ブックマークに追加

アクセス

714人

メンバー

文章

行ってきました余市岳!
いつもご機嫌斜めの余市様。本日のご機嫌やいかに?!
いちさんとManuさんと3人での山行になります。
先日の雨からの冷え込みと強風で余市様はガリガリ君になってる予想。

コース概要
○Kiroroゴンドラ山頂駅~飛行場
晴れのゴンドラ山頂駅を意気揚々と出発です。飛行場も雲もなく、余市様まで一望☆
しかし、余市様の奥にはどんより積乱雲が迫っておりました。

○飛行場~余市岳
コルに降りてから風が強くなり、斜面もカリカリだったので、スキーアイゼン装着。
いちさんはスプリットのシール登坂に限界を感じ、早々にHフレームにて軽アイゼン装着。Manuさんはシューで快調に登ります。
ピーク手前の平坦な尾根は真っ白です。
完璧雲の中で驚きの白さに感無量。
地図とコンパスを睨みながら進みました。
コンパスを当ててピークハント達成です。

○滑走
南斜面を落とそうと滑走ポイントを探すも、完璧ホワイトアウト!小さなクラックもあり、積雪は少ないものの雪崩れそうな斜面。右往左往しながら抜けるのを待つものの真っ白。
とりあえず一人づつゆっくり降りることに。
200メートル程斜滑降で落とすとボトムは視界良好&無風の天国でした。見上げると山は雲の中。
天国のようなボトムでランチタイム。
コルまで登り返して夏道分岐の尾根から再度滑走しました。今回は下山のルート取りも上手く行き、登り返しゼロでゲレンデに合流できました。

ツボ足でも可能なほど雪はカリカリ君でしたが、登りは三人横にならんで話しながら歩けました(笑)
余市の急坂は要アイゼンのレベルに近づいて来ています。シール&スキーアイゼンでギリギリ可能。

余市岳 積雪ピークハント&山滑走
余市岳1488メートル
オススメ度 ★★★★☆
危険度 ★★★★☆
体力度 ★★☆☆☆

山行アドバイス
キロロゴンドラ利用で山頂まで二時間ほどの短い行程でピークに立てますが、ゴンドラ下車後に歩く平坦な場所は通称飛行場と呼ばれて、視界不良時は目印も無く立ち入り自体危険です。地図読み&GPS使用でも素直に引き返しましょう。
余市岳南北斜面は通年雪着きも良く滑走に最適ですが常に雪崩の危険が伴います。雪山はゲレンデの延長ではありません。雪山装備と知識、強い決断力を持って入山しましょう。

with いちさん
https://yamap.co.jp/sp/activity/266562

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間49分
  • 活動距離活動距離12.93km
  • 高低差高低差908m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,924m / 2,525m
  • スタート09:58
  • 1時間57分
  • 余市岳11:55 - 12:02 (7分)
  • 2時間45分
  • ゴール14:47

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン