YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春第4弾、「大崩山」は、爽快な山頂と絶景の石塚

satさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:近場の脊振山系、多良岳山系が好きでよく登っています。休みが続けば、くじゅう山系によく出かけます。また、子どもや孫たちが、千葉及び愛知にいるので、そこでも登りたいですね😄
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

祖母山

2016/03/14(月) 18:32

 更新

春第4弾、「大崩山」は、爽快な山頂と絶景の石塚

公開

活動情報

活動時期

2016/03/11(金) 09:03

2016/03/11(金) 14:20

アクセス:189人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,268m / 累積標高下り 1,279m
活動時間5:17
活動距離10.00km
高低差641m

写真

動画

道具リスト

文章

今回は、祖母傾山系の大崩山に挑戦。
県道分岐の今村集落から砂利道を走ること約50分、大きな落石を避けながら登山口に着く。星雲橋からだと約1:50走った。
宇土内谷登山口から登る。出発してすぐ左折して、分岐に入るのべき所を、案内を見落として宇土内谷に入り込んだ。
ヘリが上空を通りすぎて、もう一度来た時は、沢の中で大きな岩を乗り越えるのに四苦八苦していたとき。何かの訓練かなと思っていたけど、三度目に来た時は何か変だなと思うが、しばらく進んだ後、コースミスに気づき引き返す。先ほどのヘリは、通常のルートから外れているので、上空を旋回したのかな?
流石に長く歩きすぎたせいか、上りはきつい。立ち休憩をしながら歩く。石塚に出た時は、全方向の視界が効き、また、貸し切り同様で、最高に気持ちが良く、先ほどまでの疲れも吹き飛ぶ。
下りは、天気も良く小走りで爽快に降りる。1:30弱で下った。
車で帰る途中に、山手から突然、鹿がもんどりうって落ちてきた。すぐ起き上がったが怪我しなかったかな?車に驚いて、さすがの鹿もがけ地から滑ったのだろう。
(コース) 0904宇土内谷登山口0909、(0929既にコースミス、0957沢の岩場に苦戦:1:12ロス)1041やっと本来の分岐、 鹿納山分岐1209、1222上祝子分岐、1225石塚1230、1236大崩山山頂1254、1303上祝子分岐、1408大崩分岐、1420宇土内谷登山口 (上り3:25内タイムロス1:12、下り1:26、全行程5:11)
(上り3:25内タイムロス1:12、下り1:26)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン