YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

年末年始リベンジ!西穂高独標へ行けるか!?2日目

ヒロキチさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:まだまだはじめたばかりです。槍ヶ岳大好きです!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/03/13(日) 22:06

 更新

年末年始リベンジ!西穂高独標へ行けるか!?2日目

公開

活動情報

活動時期

2016/03/12(土) 05:43

2016/03/12(土) 12:04

アクセス:180人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 566m / 累積標高下り 798m
活動時間6:21
活動距離4.12km
高低差568m

写真

動画

道具リスト

文章

 3時ごろ、目が覚めました。それまでも何度か寝たり起きたりしていたんですが、足先があまりにも寒く、というか痛い感じだったのでそのまま起きました。痛い感じの原因はあとでわかったのですが、それは最後の方で。祈るような気持ちで外へ出てみると、満天の星空っ!!!夜中に一人でガッツポーズ(笑)カメラを準備して何枚か撮影。しかし寒い!結局あまりよく撮れなかったのですが、その中から1枚。流れ星も写ってました。
 そのまま朝食準備を…て水が凍ってるっ!当たり前なんですけど、そのままにして寝てしまっていました。幸いお湯を作ってサーモスに入れていたので何とかなりましたけど、気をつけなくては!
 食事を終えて5:30ごろに出発。この日は昨日よりいい日で風もほぼなし。快調です!丸山の辺りで日の出。朝日が素晴らしい!!周りを見渡せば名だたる山々。本当に最高です。トレースがあるのでほぼ迷いませんが、わかりにくいところがあり間違えたルートを通ってしまいました。気をつけなければ!
 いよいよ独標下にとりつき最後の登り、鎖も出ていたので慎重に足場を確認し一歩一歩確実に進みます。自分の前にある、壁のような坂が視界からなくなった時それは見えました。「西穂高岳独標」の文字っ!見事到着っ!!本当に感無量でしたっ!!!このあと三人の方が登って来たのですが、お互いに記念撮影をしたり談笑したりして感動を分かち合いました。
 いよいよ独標からの帰りですが、結構…いやかなりキツイ!(汗)下りは上りより難しいといいますが、実感したひと時でした。登り以上に神経を使い確実に下っていきます。独標を下ればきついところはほぼありませんので独標を降りたときには本当にほっとしました。
 そのままテントまで戻り撤収作業。このときわかったのですが、朝の足先が冷たいのはなぜかシュラフが濡れていました。シュラフカバーも付けていたのにっ!ちょっと次回までに原因を究明しとかなくてはっ。そのままパッキングをしてそのまま西穂高口駅へ戻って昼ご飯。「雲海カレー」に惹かれて購入。チーズとの相性がよくお勧めです。天気が良かったので展望台にも観光の方がたくさんいました。
 今回は非常にいい体験、色々な経験が出来ました。まず自分の立てた計画が見事に完遂出来たのは非常によかったです。また道具でもシュラフのマットを「サーモレスト」というものにしたのですが、いままで使ったもので一番良かったです。水を凍らせてしまったりシュラフを濡らしてしまったりと失敗もあったのでこれは次回の反省にします。自分の技術を上げて次は独標より先へチャレンジできるよう頑張ります!!
 

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン