YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

ついに全通した生駒の古道「暗峠宝山寺道」残念木を一刀両断!

ふぁんトントさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2250
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto
  • ユーザーID:142618
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:大阪, 奈良, 京都
    出身地:大阪
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
生駒山・神津嶽・大原山

2018/11/15(木) 19:15

 更新
奈良, 大阪

ついに全通した生駒の古道「暗峠宝山寺道」残念木を一刀両断!

活動情報

活動時期

2018/11/11(日) 09:21

2018/11/11(日) 14:15

ブックマークに追加

アクセス

298人

文章

東生駒のMさんが切り拓いた直後の旧道(暗峠・宝山寺道)を歩いてきました。かつてはヤブ漕ぎ必死だった区間も快適に歩けます。旧道といっても、近年まで使われていた形跡もあり、かなりしっかりとした道が残されています。

当方がこの道に初めて挑戦したのは、2013年のことで最初は十三仏板碑(通称:うつぶせ地蔵)までのピストンでした。その後2回程チャレンジしましたが、いずれも残念木(倒木)地点で迂回をしてルートを離脱しています。初めてまともに通り抜けできたのは2015年3月のこと、様子を動画にして公開しています。しかし、この時も残念木の周辺から上部へ迂回しています。迂回したところで、道跡を発見しこれが古道かと思ったのですが、実は本当の古道は、もう一段下がったところにありました。

かつては存在した鉄塔も、2015年の時点では撤去されており、予想通り周辺の様子は一変しています。鉄塔撤去後は広場のようになっていたのです。本来のルートを発見できたのは、2016年1月に道願寺奥にある水源設備のある谷筋を登ったことでした。この谷筋には、古い地図に道が描かれており、かつては旧道と連絡していたと推測。登りつめると残念木の向こう側にあった本来の道を発見しました。

このことがキッカケで、残念木周辺の整備に着手。笹などの草刈りは10mもないだろうと楽観視したため、1度目は途中で敗退。その後、猛太さんと知り合い開通させたのは2016年2月11日のことでした。あれから、まもなく3年の月日が流れます。今では、全区間を整備される方々のお陰で、かつてと比べてとても快適に歩けるようになりました。(とは言え、廃道に違いありません)

その残念木を本日自分の手で処理することができて幸せです。これも何かの巡りあわせでしょう。今後、この区間が不通になることはないと思います。関連の活動記録を下掲しました。動画欄には時系列で3本リンクしておきます。これから挑戦なさる方の参考になればと願いつつ。


2013年12月05日(木)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-379207.html
2013年12月23日(月)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-385761.html
2016年01月04日(月)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-791326.html
2016/01/28(木)
https://yamap.co.jp/activity/241236
2016/02/11(木)
https://yamap.co.jp/activity/250748

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間54分
  • 活動距離活動距離10.23km
  • 高低差高低差611m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り708m / 807m
  • スタート09:21
  • 3時間46分
  • 暗峠13:07 - 13:09 (2分)
  • 37分
  • 登山口13:46 - 13:50 (4分)
  • 25分
  • ゴール14:15
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン