YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

納古山 靴の履き慣らしで。(尾根道→中級→西尾根→塩の道)

mirokuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:基本は毎週休みはどこかの山にいます。
    ソロが好きでしたが、最近は山岳会や信頼できる仲間達との活動が増えてきました。
    山岳会に入会したのは、山のことを知れば知るほど、山に関わっていく以上たくさんの知識や技術が必要だとわかってきたからです。
    私も低山ハイキングから始まりましたがステップアップしたい方は絶対に山岳会の入会がオススメです。
    必要な最低限の技術は身につけこれからも精進したいと思います。

    ヤマレコにもアップしています。
    (ほぼ同じ内容です)
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-135934-data.html
  • 活動エリア:愛知
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:愛知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

納古山

2016/03/13(日) 11:56

 更新
岐阜

納古山 靴の履き慣らしで。(尾根道→中級→西尾根→塩の道)

活動情報

活動時期

2016/03/12(土) 07:54

2016/03/12(土) 16:35

ブックマークに追加

アクセス

438人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間41分
  • 活動距離活動距離10.75km
  • 高低差高低差508m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,139m / 1,149m
  • スタート07:54
  • 2時間35分
  • 納古山10:29 - 11:01 (32分)
  • 3時間18分
  • 納古山14:19 - 14:37 (18分)
  • 1時間58分
  • ゴール16:35
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

今日はお天気がいいので藤原の孫田尾根へ行こうと思いながらも、やっぱり不安なので新しい靴の履き慣らしに納古山へ行くことに。

この間教えてもらった、尾根道ちょっとはずれのイワカガミ群生地にちょっと寄り道。葉っぱがいっぱい出てました。
お花が咲くのが楽しみだ。
その後、親猿の滝?の上に行くバリルートだったかな?と思う道にちょっと寄り道するが、たどり着けず引き返した。

尾根道から山頂に到着したが物足りず(笑)予定していた西尾根コースを見に行ってみることに。

以前から気になっていたけど一度行こうとして挫折した(笑)
山頂直下は激下り。戻ってくる自信がなくて諦めたのだった(笑)
今回はNTTの電波塔が見えるところまで行ってみようと。

このルートは倒木が多く荒れています。ツツジの軽い(笑)藪もありますが、花が咲いたらここはとても素敵だと思います。ツツジもてすが、イワカガミの群生は凄いです。

かなりの急登、岩尾根あり、崖あり、アップダウンあり。(笑)
そしてほとんど歩かれていないみたい(笑)。
今日も誰にも会うこともなく。
万が一の時は誰も助けに来ないかもなので慎重に行きます。

電波塔側から登ってくると岩登りがあり変化があって楽しいかなと思います。でも誰も歩いていませーん(笑)。

眺望は結構良いところがあちこちあります。御嶽、白山、名古屋方面など開けているところがあります。

あまり歩かれていないので時々わかりにくくなります。
表示板などは一切ありません、
良く見ると、赤ペンキ、テープがあるのでそれを確認しながら行けば迷うことはないと思います。

荒れた道かと思えば整備されたような歩きやすい道になったり、中級コースにあるような岩場があったり…。
なかなか面白いですが、体力が無いと戻ってくるの大変です。体力つけてから行かれることをお勧めします。(笑)

結局、一つ前のピークで引き返しました。尾根で隠れて電波塔は見えませんでしたが。

途中、素敵な岩場のテラスを見つけました。そこも気に入ったのですが、そのすぐ上の岩で山メシしました。
岩の上だけど、登山道の通り道にお店広げてまったりと山メシ。(多分誰も来ないので)

その後、再び山頂へ戻るともう誰もいません。
みんな帰るの早いのね。あ、私が遊びすぎか。
貸切の山頂を楽しんでから下山。

今日は途中と山頂に可愛らしいアセビが咲いていました。
塩の道と、下山寸前の道にショウジョウバカマを見つけた!

西尾根ルートには凄いイワカガミの群生がありました。
納古山のイワカガミは全部白い花だそうです。
イワカガミだけでなく、アカヤシオなどツツジも楽しめるようで、来月また来ようかなと思います。楽しみです。

滝の上に出るルートは次回の宿題に。
他にも色々と脇道からのルートを確認しました。
今日もまたのんびりしすぎたなあ。

あ、靴は…
凄いです、岩場、ガレ場、ザレ場、ネンド場(?)一度もズルッと行かなかった!
でも足が痛くなり、調整が必要なのか、硬い靴はこういうもので、慣れるしか無いのか…ちょっと様子見かな。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン