YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

会津駒ヶ岳(滝沢登山口より会津駒ヶ岳へ)

やすのりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:関東甲信越の百名山を中心に登っています。好きな山は、北岳、笠ヶ岳(北アルプス)、谷川岳、武尊山 等です。日々、山のことばかり考えています。
  • 活動エリア:山梨, 長野, 群馬
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

会津駒ヶ岳

2016/03/14(月) 21:48

 更新

会津駒ヶ岳(滝沢登山口より会津駒ヶ岳へ)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/13(日) 05:48

2016/03/13(日) 12:14

アクセス:281人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,303m / 累積標高下り 1,298m
活動時間6:26
活動距離9.98km
高低差1,216m
カロリー2958kcal

写真

動画

道具リスト

文章

会津駒ヶ岳に檜枝岐村の滝沢登山口からピストンで登ってきました。
会津駒ヶ岳には4、5年前に一度、残雪期(5月)に登ったことはあるのですが、前々から厳冬期に登ってみたくて、やっと登ることができました。(正確には厳冬期ではありませんが...)

登山口近くの温泉民宿「こまどり」に前泊し、翌日早朝から登山を開始しました。
お天気が予報では下り坂で心配でしたが、曇っていた割には展望は良好で、樹林帯を超えてからは燧ケ岳や日光連山の眺めを楽しみながらのスノートレッキングでした。

トレースは消えかかっていた所もありましたが、概ね付いていましたので、迷う事なく歩くことが出来ました。雪質はそこそこ締まっていましたが、積雪量が多いので最初から最後までスノーシューを装着しました。

会津駒ヶ岳山頂からは、尾瀬や日光の山々はもちろんのこと、たっぷりと雪を纏った上越や越後の山々の展望を楽しむことができました。特に会津駒ヶ岳山頂から眺める燧ケ岳は抜群にカッコ良かったです。(残念ながら至仏山は雲がかかって良く見えなかったです。)

この時季の会津駒ヶ岳は入山者も少なく、静かな山歩きが楽しめました。(登山者は僅かで、大半はスキーヤーでした)

これで今冬山シーズンに木曽駒、甲斐駒、会津駒と百名山の駒ヶ岳を三座登頂出来たので、百名山の駒ヶ岳であるもう一座の「越後駒ケ岳」にも雪があるうちに登ってみたくなりました。(越後駒には無雪期に一度登ったことはあるのですが)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン