YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

旭岳BC&PH カリカリ地獄谷へ

いちさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:冬の体力維持に雪山BC&PH開始。
    札幌近郊メイン。
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2016/03/13(日) 12:53

 更新

旭岳BC&PH カリカリ地獄谷へ

公開

活動情報

活動時期

2016/03/13(日) 08:07

2016/03/13(日) 12:51

アクセス:337人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,340m / 累積標高下り 1,358m
活動時間4:43
活動距離11.41km
高低差1,023m
カロリー2428kcal

写真

動画

道具リスト

文章

天気 信じられない晴れ
風速 15m

昨年から狙っていた旭岳PH。そして地獄谷滑走路。
GPSがワープで軌跡が消えてるのが残念ですが、状況は解説します !

ロープウェイ使用で姿見駅へ。(1200円)
9:00の一番発に乗車。並んで良かったですが、8:55頃出発(-_-;)
トレースあり。3名は昨晩からスタートの様でした。
1800m
クラストでシールでは歯が立たずアイゼンへ。氷はボロボロと崩れアイゼンはしっかり踏み込めます。ピッケルはあった方がいいです。
ここから上は楽しく滑走路できる斜面は無いです。
カリカリのクラスト斜面をひたすら山頂へ!
どうです!この景色。トムラウシも拝める絶景でした。山頂は吹き溜まりか?重めの雪が30cmほどありました。
記念撮影の後はさっさと滑走です。
本日の地獄谷は1番です。と言うのもスキーヤーはピークの後はそのままアイゼンで引き返す状況。
稜線はクラストも谷へ入ればとりあえず下れると滑走路準備。
山頂より奥のコルまで降り一気に谷底へ。
噴火口や、出っぱった岩、クラックなどを横目にそのまんまコース、ロープウェイ山麓駅へ帰還。

YamapのGPSが少し残念ですが、素晴らしいコンディションでした。滑走は楽しんだというか、滑落、岩、注意で慎重な滑りでも大満足の旭岳BC&PHでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン