YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初遠征!仰烏帽子山

MUSASHi50UPさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:釣りも山もメインになってきました。今年はキャンプ&登山も決行したいと思っています!山歩きが楽しくてしょうがないっす!
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

仰烏帽子山

2016/03/13(日) 23:30

 更新

初遠征!仰烏帽子山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/13(日) 07:46

2016/03/13(日) 13:44

アクセス:223人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 975m / 累積標高下り 966m
活動時間5:58
活動距離7.75km
高低差575m
カロリー2972kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は初の遠征で熊本県五木村の仰烏帽子山に行ってまいりました。
今回は強い味方がいましたので遠征が実現しました。
その強い味方というのが
自分が山を始めるきっかけの初登山「多良岳」の山小屋の管理人をやっている
嫁のお父さんです。
自分の山の知識はほぼお父さんからの教えです。
福寿草群生を見に行く山行についていくことになりました。
しかもテント泊のお楽しみつきで。

土曜日は快晴で夕方に五木村に着いた時点では
雲一つなく空気も澄んでとてもすばらしい日でした。

ベースキャンプの近くにバンジージャンプ台があったのでとりあえず見に行きました。
何年か後にダムになってしまうらしく橋が高い!
道具はそのままにしてあったんで、ちょっと前に飛んだ人がいるのかな?
自分は高所恐怖症なんで橋の上だけでもやばいっす。

テントの準備に晩ご飯とキャンプを満喫。
明日のため早めに就寝です。
これも山時間!
夜は-4℃の予報通りに冷え込みました。
前日の山頂は樹氷ができるほどだったみたいですね。

翌朝はワクワクがおさえきれずに4時起床。
寒すぎてもっかい寝袋へ。
でもワクワクがおさえきれずに5時に
とりあえず極寒の中で熱々のカップヌードルを食べました。
うまかった!

ベースキャンプの片付けをしていざ仰烏帽子山へ。
元井谷登山口から沢沿いにあがります。
雰囲気は難所ヶ滝の河原谷に近い感じですが
谷が深いというか規模が大きい。
最近も崩れているのかかなり荒れている感じです。

沢登りの急登が一段落すると
今回のお目当ての福寿草の群生が見えてきます。
周りは岩や石、落ち葉に枯れ木しかないのに
福寿草だけが生えている不思議な光景。
小さなきれいな花でした。

仏石の分岐で天気も予報通り悪くなりそうな感じ。
雨の前に下山する方向でしたが
どうしても山頂に立ちたかったので
ここからは二手に分かれて、自分たちは山頂へ。
お父さん達は仏石を見て第2登山口から林道で元井谷まで下ることに。

山頂まではそこから40分位。
途中「風穴」という岩の穴がありました。
中からは温風がでてました。
展望台には行かずに山頂へ直行。

なんとか山頂にたてましたが眺望なし。
まっしろ。
唯一天草方面の海とその先の雲仙岳が見えました。
自分としては初の1000m越えの山だったので
やっぱりうれしかった。
山頂にこれて良かった。

雨はまだ大丈夫そうだったので、山頂の先の兎群石山へ。
たしかにウサギに見えなくはないけど…。
そこからは多分白髪岳かな?そちら方面が雲の上に見えていました。

下山は着た道をトレース。
福寿草に別れを告げ、沢を下り、
なかなかの傾斜をロープで下り登山口に無事下山!
とても面白みのある登山でした。
下山後、待っていたかの様に雨が降り始めました。
濡れずに良かった。

初遠征は最高の登山でした。
さらにお父さんオススメの大崩山遠征の話も出て
ますますこんごの遠征が楽しみになりそうです。

ただ帰りの高速の渋滞が疲れた身体には一番きつかったです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン