YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

淡路島・諭鶴羽山&沼島ハイキング

aozorakobeさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸在住のフリーのグラフィックデザイナーです。20代のころは山岳会で活動してましたが、30代以降ブランクがあって、50代から登山を再開。個人ではテント泊や小屋泊、スピードハイクなど、いろんなスタイルで登っています。ジムで筋トレや走ったりしていますが、やはり年齢とともに体力や筋力低下してきているので、無理をせずマイペースでチャレンジです。月1回は山岳会OB仲間たち(朗人会)と静かな山域でハイキングをしています。
  • 活動エリア:兵庫, 大阪, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:宮崎
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

淡路島

2016/03/16(水) 06:03

 更新
兵庫, 和歌山, 徳島

淡路島・諭鶴羽山&沼島ハイキング

活動情報

活動時期

2016/03/13(日) 08:07

2016/03/13(日) 14:26

ブックマークに追加

アクセス

379人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間19分
  • 活動距離活動距離15.54km
  • 高低差高低差614m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り875m / 895m
  • スタート08:07
  • 2時間11分
  • 諭鶴羽山10:18 - 10:37 (19分)
  • 3時間49分
  • ゴール14:26

写真

動画

道具リスト

文章

朗人会の3月山行は、淡路島の最高峰・諭鶴羽山登山となった。会としては、随分昔に登ったことがあるらしいが、私のかねての希望?で、今回の山行となった。前日、水仙郷近くの道端でテント泊。水仙のシーズンが終わっているので、人がほとんどいない。諭鶴羽山登山は、北側にある諭鶴羽ダムからのコースが一般的だが、今回は海側からの諭鶴羽古道を登ることになる。距離的に短いが、かなりの急登になる。約1時間半ぐらいの行程だ。午前中に諭鶴羽山登山を終え、午後から沼島へ足を延ばすことになった。諭鶴羽山頂上は360度海を見渡せるので、気持ちがよい。沼島には、汽船の便数がそれほど多くないため、あまりゆっくりもできないので、約2時間ほどの滞在。沼島は神秘的な伝説があり、見どころも多く、いろいろ見て歩きするなら半日ぐらいはかかりそうだ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン