YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

3/13(日)金峰山日帰り 初心者さんを連れて

シュンさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:はじめまして。
    北南アルプス、奥秩父など関東を中心に登ってます!
    春~秋はわいわいと、冬はしっぽりと。
    思い出の山は初テント泊をした瑞牆山。
    最近は積雪期のソロテント泊に進出しています。

    直近では、夏→奥穂、春・秋→妙義、冬→赤岳あたりに行ってます。

    ソロ/パーティー比率は半々くらい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1988
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2016/03/15(火) 21:26

 更新

3/13(日)金峰山日帰り 初心者さんを連れて

公開

活動情報

活動時期

2016/03/15(火) 09:05

2016/03/15(火) 09:05

アクセス:381人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

YAMAP登録したばかり、活動記録もはじめてです。
よろしくお願いします!

会社の後輩Iくんを連れて二人で金峰山を日帰りしました(みずがき山荘ピストン)。
「普通の登山じゃつまらない!」とのたまう彼は、高尾山には行ったことあったっけ?くらいのド初心者。
ぶっつけ雪山って大丈夫かな…?と思いつつ、彼の冒険心と勢いに任せて買わせてしまった冬靴に、「体力に自信がある(特に運動はしてないけれど)」という力強い言葉を信じ、ギリギリいけるか?いけないか?くらいの金峰山をチョイスしました。

そして当日。仕事やら謎のパーティーやらで3時間も寝ないまま朝5時前に都内を出発する我々。
途中、鹿眺めながら7時半にみずがき山荘前の駐車場に到着。雪景色でテンションは上がります。
途中で引き返すか瑞牆山に変更かなーなんて不安は胸にしまい、Iくんの初登山がいざスタートです。

富士見平小屋まではコースタイムを巻いて、天気と雪の具合も見てこれは行けると判断。
結果的には昼過ぎまで天気がもち、澄んだ冬の空気に屹立する富士山八ヶ岳南アルプス、頂上まで延びる雪岩の稜線という絶景を拝めました。

はじめて履く登山靴とアイゼンにやられて右足がつり、稜線では強風と寒さに心を半ば折られながらも登頂しきったIくん。
さすがの有言実行!
15時45分に帰着し、ほぼコースタイム通りに歩くことができました。

天気や雪の状態に恵まれたいい船出、もとい山行になったと思います。
おつかれさまでした。

【情報】
・みずがき山荘前の駐車場までは車道にほぼ雪なし。ノーマルタイヤで行けたものの、チェーンは必携。
・みずがき山荘すぐそばの駐車場はがら空き。
・登山道はトレースあり。稜線の帰りのみ、風で飛ばされた雪つぶてで一部消えていた。
・氷結箇所はないが、斜面がきつく、軽アイゼンは要携行。12本爪やピッケルは不要。
・稜線は風が強く、雪つぶてが舞う。ゴーグルはあった方がよい。
・積雪は多いところで膝下。
・富士見平小屋は営業している。トイレもあり。
・土日ながら人は少なめ。
・服装は帽子なし(下山の稜線でニットとバラクラバ着用)、上は下着にハードシェル、下はタイツに長ズボン。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン