YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

三久安山(宍粟50名山)は泥パック 撤退で、急遽東山へ

あかりさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生まれつき華奢で貧血で病気がちでした。41歳で癌の手術の後、手術の影響から骨粗鬆症予防の為、歩く事を薦められ、54歳の秋にしぶしぶ坂道を歩き出したら歩ける!と自信を得、山歩きを始めたのが最初。変な下り方をしたのか膝を痛めてブランクの3ヶ月、半年後、55歳北穂高岳に登り北アルプスに惹かれ、それ以来毎年、1度以上無雪期の日本アルプスに登っています。普段は関西の低山を。上りは遅く1.2倍かけて写真を撮りながら山を楽しんで登っています。方向音痴で地図が欲しく、地図読みの勉強を少しし始めました。普段の低山歩きや、アルプスに登ってくれる山友も募集中です。2014夏は、唐松、五竜岳縦走、秋に立山連峰縦走を富山の山友としてきました。2015の夏は、甲斐駒、仙丈ケ岳に、久し振りに登山ツアーで行きました。脱落者数名でましたが、何とか完歩できました。
     今、私のはガラ携なので地図やルート軌跡が出ません。ヤマップアプリは山友のを使っています。スマホを使うようになりましたら使わせて戴きます。

    ヤマップは、全体に40代とか若い方がほとんどのようで、ちょっと場違いかも知れません。団塊世代は数少ないのかほとんど見かけないのが残念です。希少な?団塊世代のヤマップユーザーの方、是非生まれ年を書いて下さいね~^^

    もうひとつお願いが。
    活動日記の文章欄に、歩かれたコース、ポイントを明記していただけたら次に歩くのにわかりやすいので助かります。軌跡図には地点名などが詳しく書いてないので。その点は、ヤマレコの記録はわかりやすく役立ちます。

    皆さん、どうかよろしくお願いします。


    *****
    最近、[こんなトレランは擁護できなくなった!]という山のレポを見ました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    何気なく体力あるんだなと思っていたけど、特に大勢で走って競うトレラン大会は、植生に大きなダメージを与えるのだなと、これを読んで初めて思い知りました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    その下のコメントにも いろんな人の憂いと怒りが書いてあります。
    一度読んでみて下さい。

    そう言えば、10年程前、六甲の北、黒甲越をした時、自転車やマウンテンバイクで登山道を走り、タイヤで細くなった道が自転車の重みでV字にへこんで谷みたいになっていました。足の置く幅すらままならない細さで、自転車のレールみたいで、まともに歩けなくなっていた六甲の端を歩いたのを思い出します。「【マウンテンバイク走行禁止】と警告板があるのに、まるでおさまらない!」と聞きました。道の脇の植物がトレラン大会で踏まれたり、なぎ倒されるのはなるほどと思いました。登山道外を走るように指示する大会役員もいたというから驚きです。

    競走のトレラン、トレラン大会は、マウンテンバイクほどではないけど、沢山の人が一斉にタイムを競って走り、道の端や、外を走ったら、足元の小さな植物など目に入らぬまま、知らぬまま破壊してしまうのではと、上の記事を読んで改めて心配します。
    登山道は、自然体系に気遣い、静かに歩きたいものだと思いました。
    美しい自然を後世に残して行く為、山に入る者それぞれが考えてみたいと反省をこめて思いました。

    おねがい、山を愛して!

    2016年6月


    PF写真変更しました。
    62歳夏 雲ノ平2日目、水晶岳からの感動の眺望

    ★2,017年8月8日 自転車の飛び出しによる交通事故で、左の顎、頬骨、足首を骨折。今、リハビリの後、CRPSという難治性の病名をもらって闘病中で、ヤマップもほとんど休んでいます。歩いている時は大丈夫だったのに、翌日から痛いのが続いたりという場合もあって、今、試行錯誤でリハビリをしています。

    2017年 11月
  • ユーザーID:54946
    性別:女性
    生まれ年:1950
    活動エリア:京都, 大阪, 兵庫
    出身地:兵庫
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他

東山(兵庫県宍粟市)

2016/06/06(月) 14:50

 更新
兵庫

三久安山(宍粟50名山)は泥パック 撤退で、急遽東山へ

活動情報

活動時期

2016/03/13(日) 13:25

2016/03/13(日) 16:37

ブックマークに追加

アクセス

367人

文章

3月13日 なんてこった

地元に相談して、植生が豊かで、比較的雪山でないだろうと判断した三久安山(1123m 宍粟50名山)に登るべく登山口へと林道を走ったが、なんとキャタピラの作業車が2台止まって道を塞いでいる。ヤマップのGPSは登山道とは違うところを指していた。何度か元来た道までUターンしたが、わからない。やっと地元の山ガイドをしている人にやっと連絡がついたが、今、登山道をキャタピラーが通って切り出しの作業をしていて、登山口のポールも取られているけど、そのキャタピラーの奥を左に行くと登れるとのこと。結局さっきの林道は合っていたようだが、相変わらず、GPSは違う位置。最初の到着から1時間以上遅れて、キャタピラーの手前に車を止めて、急いで出発!

 しかし、雪解けなのか初めから大変なぬかるみ。キャタピラーでひっくり返されてまともな足の置き場がない。山靴は、たちまちズボズボと沈み、それでも登る道の先は、見渡す限りキャタピラーでひっくり返された泥んこが続く。出発が遅れたので、とにかく頑張って登るしかない!しかし、またもや避けられない水と泥溜まりだらけで、先頭の私の靴は、とうとう足首近くまで泥に沈み込んだ>< 私の茶色の皮の山靴は、まるで泥んこパックで色が変わっている! 泥で靴がとっても重い!

ネッチャネッチャと登って行くが、角を曲がってもまだ続くのが見えた。更に上に、もう1台のキャタピラーが止まっている。今日は日曜なので、作業はないのだろう。
GPSはルートを外れているし、これ以上こういうキャタピラーの泥んこ道を登っても楽しくないし、撤退するなら早めでないとと私は主張。翌日行くはずだった東山に行くことに決めた。 せっかく前日まで何度か、山道が安全か、他の山を選択すべきかを現地に電話で尋ねていたのに、何もこの状況を聞かされてなかった。

急ぎ駐車しているキャタピラーの作業車のところに下山してきて、ふと上から右脇を見たら、なんと、作業車の陰で見えなかった細い道がブルドーザーの陰に少し見えた。登山口のポールらしきものがある。こちらが登山道だったのか。でもガイドさんはキャタピラーの前方と言っていたし、登山ポールは取られていて登山口はわからないと言っていたのに><しかし、その道を塞ぐようにもう1台キャタピラー車が止まっていたし、やはり泥んこに掘り返されていた。初めから他の山にすべきだったようだ。

何てこった。駐車場に戻ったのは12時! 急いで車を走らせ町まで下り、戸外で急ぎ昼食を済ませ、今度は、東山温泉メイプルプラザの駐車場へ。

13時25分、気を取り直して、東山(1016m 宍粟50名山)登り始めた。雨予報になっていた翌日に、少しの雨なら整備されているようだから、なんとか登れるだろうという事で取っておいた山だった。

南側の道は、冬季通行禁止になっていると宿に問い合わせて知っていたので、北周りのピストンをする事に。時間を稼ぐ為に、オートキャンプ場近くに駐車。
こちらの山は、三久安山と全く違って、登りやすい乾いた道だった^^
風はおだやかで気持ちの良い明るい尾根道!雪もなく天気も良く、快適に登る。しかし、1時間くらい登ったら、道の脇に雪が残っているのが見え、冷気が漂ってきた。
アセビの群落を過ぎたら、14:59展望抜群の山頂、展望台に到着!
山頂で、おやつとお茶タイムを取る。それから駐車場まで下山!
泥んこになったスパッツ、靴を綺麗に洗って、ようやくチェックイン。

山友は、昼の段階では、三久安山にそれでも登りたかったようだが、私は遅くに撤退してどの山も登れなくなるより、変更して東山をきちんと登れたので結局、撤退して良かったのではと思っている。
また、違う機会にリベンジしたらいい、山は逃げないもの^^

翌14日は、雨予報。14日の山は、東山だったから当然変更。
温泉につかって美味しい夕食を食べてから調べようっと。

さてどうなるやら・・・
続く。



軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間12分
  • 活動距離活動距離7.31km
  • 高低差高低差394m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,864m / 1,806m
  • スタート13:25
  • 1時間32分
  • 東山14:57 - 15:26 (29分)
  • 1時間11分
  • ゴール16:37

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン