YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

岡山国際サーキットファン感謝デー&スーパーGT公式テスト

ジョニーオー さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年11月から山登りを始めました。そのキッカケになったのは田中陽希君のグレートトラバースを観てからです。その田中陽希君には一昨年会ってサインももらいました。そのサイン入りTシャツはいつもザックに入れて登ってます。基本的にはソロ活動中心ですが、自分の練習コースの熊山で出会った方々と一緒に行くこともあります。将来的には娘が二人いる(20才と16才)ので、一緒に登れればと思ってます。

    今年の目標
    シーズンインまでに熊山5回
    蒜山三座縦走(自転車含めて)           4時間
    蒜山三座縦走往復                 8時間
    三嶺ピストン                   3時間
    三嶺~剣山縦走(自転車含めて)         8時間
    剣山~三嶺縦走(名頃から自転車で見ノ越まで戻る) 時間制限はなし
    甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根ルート日帰り
    槍ヶ岳   新穂高からピストン日帰り

    全て日帰りで登って降りる。山小屋2泊3泊しての縦走もしてみたいが、仕事柄長期休暇は取れないので、リタイア後の楽しみに残しておきます。
    ジョニーオー(Johnny O')とは1980年代に活躍したアメリカのモトクロス選手で、自分の憧れの人でした。

    来年の目標
    富士山  1日目 自転車で0mから5合目まで
         2日目 5合目から剣ヶ峰まで登山

    将来の目標
    北アルプス三大急登&日本三大急登制覇 
  • 活動エリア:岡山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:岡山
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

和気アルプス・和気富士・神ノ上山

2016/03/23(水) 19:26

 更新
岡山

岡山国際サーキットファン感謝デー&スーパーGT公式テスト

活動情報

活動時期

2016/03/19(土) 08:50

2016/03/19(土) 08:50

ブックマークに追加

アクセス

525人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間0分
  • 活動距離活動距離234m
  • 高低差高低差9m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り10m / 0m
  • スタート08:50
  • -
  • ゴール08:50

写真

動画

道具リスト

文章

ここ数年この時期にファン感謝デー&スーパーGT公式テストがあるので行ってきた。今年NSXはハイブリッドではなくなってるので、RC-FやGT-R勢とどういう戦いをするのか注目だ。NSX勢の中では2日間ともRAYBRIGがトップだったが、まだ本調子ではないだろう。去年は雨が弱まった中盤からトップを走っていたが、雨足が強まった終盤でKeePerに逆転されてしまって悔しい思いをしたので、今年は高橋國光監督に勝利の美酒を味わってもらいたい!
ところで、YAMAPユーザーの中にもスーパーGT第1戦に初めて来られる方もいると思うので、少しアドバイスを。駐車場チケットはゲットしていたほうが絶対オススメです!ゲットできなかった人はサーキットから3kmくらい離れた臨時駐車場に回されて、無料のシャトルバスがあるのでサーキットまで送迎されますが、早い時間でない限り待ち時間が半端ないです。私は1時間待ちと言われたことがあったんで、待つ時間がアホらしいから歩きましたよ。約3km登り坂になります。その時はまだ山登りは始めてなかったですが、レース観戦に来たのに登山に来たのかと思いましたね。レース当日はいろいろなイベントがあるので、1日楽しみたいのであれば8時から9時にはサーキットに入っている予定で来ることですね。それから帰りのことですが、私はゴールしたらすぐに帰ります。渋滞は大嫌いですから。表彰式なんか観てたら大変なことになりますよ。サーキットの駐車場に停めていたら、残り5周くらいまでには車に移動してゴールは場内放送で聴いてすぐにスタートします。シャトルバス組ならゴールしたらすぐにバス乗り場に走ります。こうすればまず順調に帰宅できると思います。こんな山奥にどうしてこんなに!?っていうくらいの人や車がやってきますからね。
余談ですが、土曜日にサーキットのゲートを入って駐車場に向かってた登り坂で、鹿が私の車の前を横切りましたよ。ドライブレコーダーに写ってましたが、動画のアップのやり方がわからないので省略します。今年は和気アルプスでも1回鹿に遭遇してますから、ひょっとしたら夏場どこかで熊にも遭遇するかもしれませんね。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン