YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲市斐川町 大黒山,高瀬山

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/03/19(土) 21:49

 更新

出雲市斐川町 大黒山,高瀬山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/19(土) 14:05

2016/03/19(土) 17:39

アクセス:570人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,721m / 累積標高下り 1,729m
活動時間3:34
活動距離10.91km
高低差302m

写真

動画

道具リスト

文章

午前中、家の掃除,片づけで、ちょい疲れ気味。
子供たちを見かけたので、誘うと「登る」って言うから、近場の山へ行くことにした。
まず「おやつ」を買いに行かないといけない。自転車積んだか?帽子かぶったか?さあ行くぞ!ってうちの子(タケポン)の靴を見ると、クロックスだし・・・、家まで靴を取りに帰った。まったく準備が完成するのに時間がかかる。私「ぶつぶつ」。

まず、大黒山「315m」を目指す。子供は、すぐにおやつの袋を開ける。5分歩くとまた、おやつを開ける・・・、私「今度のおやつは山の上へ登ってからだよ」と封印。昨日は雨だったので、地面がぬかるんでいるが、転ばずに15分ぐらいで山頂へ到着した。山頂には神社があります。山がとがっているので、展望はよい。昼休憩でおにぎり、飴を食べたり、私「包み紙は飛ぶ前にごみ袋へ入れなさい」。

下山は、来た反対側へ降ります。走るな!って言うのに、坂道を全力で走る・・・・下り切ると、ごみ処理施設「タカセ興産」へ着きます。その横を通過すると、中国自然歩道へ取り付きます。付近はごみだらけ、拾うがきりがない。子供は走って行ってしまうし、・・・・。そのうち、光明寺に到着。私が行った時には必ず犬が威嚇して吠えるが、今日は不在でした。手を合わせて私が拝むと、子供「えっ!ここ拝むところなの?」私「だってお寺でしょ」、少し休憩し、Yamapで見ると、すぐ隣に山があるから行ってみようと登り出すが道が無くなり、あきらめた。

帰り道は、丁地蔵が27丁からカウントダウンされて続いており、以前の私の地蔵調査(2015/12/19)の裏付けが出来た。この谷は、民家のある側(斐川平野)から見ると裏側にあたるので、山を越えないと見えない景色だ、それに、歩いてきたルートが一望できるので、見晴らし+ちょっと得意げな気分にひたる。

高瀬山山頂(314m)に着いた。古城跡だが、何も残っていない。自分たちが住む平野を一望、少し休憩するが、雲行きが怪しくなってきた。「下山を急ごう!ちょっと岩がゴツゴツしているから、ゆっくり歩けよ」って言うけど、粘土で滑りやすい道を走って行ってしまう。やっと登山口まで到着寸前、胸のあたりに倒木が2本あり、無意識のうちにノコギリを出す。子供に「先に降りて自転車のところで待っていろ!」と伝えて、一生懸命木を切りにかかる、一か所切っただけでは動かず、木2本とも、2か所を切断してようやく除去できた。20分ぐらいかかり、一気に疲れが来た。

各自、自転車に乗って、農道までは下り道をスイスイだったが、そこから長い上り道になり、「自転車デポ位置が逆だったかと反省」結局、車のところまで、けっこう自転車を押して歩いた。横を車が高速で通過するので、「一列だよー」って何回も声をかける。ようやく車まで到着し、「今日も無事に帰って来れた事に感謝」子供と歩くと、やっぱり疲れるわ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン