YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日本人の美徳❗️励まし助け合いの菱ヶ岳からの縦走の巻

koujiyesさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山を登りを始め2年が経ちました~
    まだまだ!楽しみな未踏の山を目標に頑張ります!!
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

五頭山・菱ヶ岳・宝珠山

2016/03/21(月) 14:23

 更新

日本人の美徳❗️励まし助け合いの菱ヶ岳からの縦走の巻

公開

活動情報

活動時期

2016/03/20(日) 07:47

2016/03/20(日) 15:16

アクセス:394人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,174m / 累積標高下り 1,170m
活動時間7:29
活動距離10.84km
高低差786m
カロリー3843kcal

写真

動画

道具リスト

文章

皆さ〜ん( ̄▽ ̄)山登ってますか〜⁉️
春が待ちどう惜しい我が新潟県の山はまだ冬が残っております…
そんなとある三連休、我が県の天気は全くダメダメでございます。
以前から山友Uと山登りを計画しておりましたが…天候不安定を理由に大人しくしている予定が…曇りの天候に我慢出来ずソロでホームマウンテン五頭山へとマイカーが走っておりました。
雪も大夫減り、もうみんなも登ってるであろう菱ヶ岳を選択し駐車場に到着!
駐車場はガラガラ…アレッと思いましたが人気の三ノ峰登山口近くまで車で行ける様になっていました。
五頭山では大人の山、菱ケ岳に向け準備を行います。
準備している間、菱ケ岳には誰も入っていない模様の中、登山スタートです。
予想通りに夏道での入りで、ダラけた身体はヒ〜ヒ〜と悲鳴をあげていきます。
雪が出現、そしてまた夏道へと登山道は繰り返えされました。
いつしか、ユルユル雪質登山道へと変身して参ります…
時折足をズボズボと取られながら、微かな足跡を元に進みました…
足跡はほんの薄っすらですが雪が掛かり、雪の汚れ具合で道を判断する感じです。
ピンクリボンも時折現れる程度の数でした。どうやら、本日は自分が1番手の様です…
微かな足跡を進むと、雪が無くなり再び足跡を探します…いつしか…とんでもない所に案内されヤマップ様で軌道修正を繰り返します。
しばらくすると、後続者の方が一人登って来られてました(後続者Aさん)。
さらに微かな足跡を元にさらに進むと、藪の行き止まりに直面…後続者Aさんもしっかりと後ろにいます。
後続者Aさんとお話ししたところ、どうやら自分のルートを頼りに登っておられたとのこと…責任重大のkoujiyesと変身して参りました。
ヤマップ様を確認し、軽い藪漕ぎで登山道へと軌道修正を完了しホッと一息❗️後続者Aさんは五頭山へと縦走を予定されているとのことでした。
気を取り直し、微かな足跡を元に更に進むと…またもやいつの間にか、今度はかなり急勾配の行き止まりです。その先は完全に藪藪…
koujiyesの心の中…「ヤバイっす、危険っす、滑落するっス( ̄O ̄;)…」
ヤマップ様を確認したところ、7合目辺りの笹清水が至近距離と確認❗️この藪藪を超えたら尾根があるのか⁉️勇気を持って引き返すか、勇気を持って進むべきかと葛藤しております。
後続者Aさんはとは距離もまだあったので、藪藪を選択しダメな様なら、それを伝えようと…木々の枝を両手に捕まり足元を確認し急勾配の藪藪を登ると尾根らしき風景が…
登り切ると尾根がありました〜助かりました〜
いつの間にか、後続者Aさんも登って来てました∑(゚Д゚)「大丈夫ですか〜⁉️尾根ありましたよ〜」とkoujiyes(≧∇≦)
その後、後続者Aさんも無事生還。しかし…耳を澄ますと微かに鈴の音がします…マジか❗️もう一人後続者の方が…(後続者Bさん)。
後続者Bさんも、我々のルートを元に登って来ていた様でした。
koujiyesの心の中…「アカン!ヤバイっす!危険ルートを作ってもうたぜよ〜大丈夫かいな〜」と責任重大がのしかかります。
後続者Bさんは引き返さず登って来た様なので、後続者Aさんと二人で後続者Bさんを待ちました。
後続者Bさんも悪戦苦闘を強いられながらも無事に生還❗️ドロだらけの3人はホッと一息…
此処からはしっかりとした尾根になり、3人ともこんなん初めての体験だと…安堵な様子で山頂へと向かいました。
いつしか…少しですが雪が降り…完璧なガスが周りを覆って来ています。
そんな中、3人は山頂に到着❗️山頂は完全にホワイトアウトです…
周りは真っ白で何もみえません( ̄◇ ̄;)
我々3人は山頂にて一致団結し、営業会議を行います。
このまま、菱ケ岳を下山し滑落もしくは道迷いの遭難を選択するか…ホワイトアウトの中を縦走し同じく滑落もしくは道迷いの遭難を選択するか…
3人は息を飲み縦走の遭難を選択❗️GPS機能を持っているのはkoujiyesのみでした…やっぱり責任重大…( ̄◇ ̄;)
風も吹き出してきています…ヤマップ様を頼りに進みます…完全に風景は映画で見る遭難状況そのものでございます…
先頭を3人で交代しながら、不安な縦走を進んで行くと一人が足をツリ始めました〜koujiyes…なんです( ̄O ̄;)
ちょっと休憩を取ろうと…エネルギーを補給しながら、Bさんに足ツリに効くドーピングを頂きました。Aさんは朝飯沢山食べて来たのでエネルギー補給無しでした…かなりの強者か?
気を引き締め3人は歩き出します。
足のツリは良くなったと思いきや、登りにかかると…やっぱりツリツリです。
3人には不穏な空気が流れています…自分も此処までかと…人生を振り返りました〜
何とか、屈伸運動を行いながらAさんBさんの温かい励ましを頂き…前に顔を上げ進むことができました( ̄▽ ̄)
その後、無事に前一ノ峰まで到達…そして小屋に到着‼️3人の顔から笑顔が溢れ出ています(^o^)
その後は下山のみの三ノ峰コースです。
そこから3人は山の話しに花が咲きながら「今夜も布団で寝れるね」と楽しく喜びを噛み締め、無事駐車場に到着しましたとさ…
今回の山旅は、AさんBさんが居られたからこそでした。ヤマップ様と共に感謝の山旅となりました〜
有難うございました*\(^o^)/*



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン