YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根日帰りリベンジ(7合目以降トレース無し) 

yukiotasさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月から山を歩くようになりました。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2016/03/23(水) 00:27

 更新

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根日帰りリベンジ(7合目以降トレース無し) 

公開

活動情報

活動時期

2016/03/19(土) 22:54

2016/03/20(日) 14:35

アクセス:354人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,826m / 累積標高下り 7,999m
活動時間15:41
活動距離21.09km
高低差2,356m

写真

動画

道具リスト

文章

先週甲斐駒ヶ岳黒戸尾根の7合目を越えたところで新雪に足を取られ撤退したのでリトライすることに。今回は先週の反省からワカンを持参したが、例え8合目まで行けたとしても、その先には核心部「傾斜60度の急雪壁」があり、登山歴1年半(アイゼン・ピッケルを使い始めて3か月)の自分には無理なので、8合目で撤退する予定だった。しかし、偶然一緒に歩くことになった青年のお陰で山頂まで往復でき、かつて無いほどの達成感を得た。同時に、7、8合目以降の一番大変なところで何も貢献できなかったことに対して、強い無力感、悔しさを感じた。ラッセルや滑落停止など雪山の技術を身に着け、いつかはトレースの無い黒戸尾根を自力で日帰りピストンできるようになりたい。今回は、大きな達成感と悔しさの両方を味わえた非常に充実した山行だった。

22:40 尾白川渓谷駐車場
先週は登山口から撤退した7合目までトレース無しで、今回もそうなるだろうと、前回より2時間早く23時に出発しようとすると、「今から登られるのですか?」と青年に声をかけられた。なんとその方もこれから登るらしく、自分のように深夜から登る人がいることに驚いた。

23:06 竹宇駒ヶ岳神社

2:49-3:40 五合目小屋跡
予想以上に雪が少なく、かつ、前回と違ってはっきりトレースがあり、夏季コースタイムの0.7倍程で到着。アイゼンを付け食事。真っ暗闇の中はるか遠くに山頂が見えた。

4:30 七丈小屋
ここまで来るのに前回は8時間以上かかったが、今回は5時間半で到着。1週間で難易度がこんなに変わったことに驚いた。山頂はあきらめていたが、この調子なら行けるかもと思った。しかし、ここから先がものすごく大変だった・・・七丈小屋を過ぎると、それまで明確にあったトレースが全くなくなり、前回撤退した急斜面に来るとやはり雪が多く、足が埋まってしまい前に進むことがかなり難しくなったのでワカンを使うことに。自分は今回初めてワカンを使うので装着に手間取ってしまい青年は先に行ってトレースをつけてくれた。

5:59 八合目御来迎場
ワカンはすごく効果的ではあったが、それでも足は沈むので、8合目に行くのはとても大変だった。先行してくれた青年には本当に助けられた。八合目上は滑落しそうなトラバースや雪庇があったり、鎖が雪で埋もれて使えなかったりして大変だった。中でも、傾斜60度ほどの急雪壁は滑落したら止まらないので、自分一人だったら確実にここで撤退していた。しかし、ここでも青年がラッセルしてくれたお陰でなんとか登ることが出来た。難所を越えた後は自分が先行した。

9:06 甲斐駒ヶ岳山頂
ここまで来るのが本当に長く険しかっただけに、山頂についたときは本当に嬉しく青年と握手し健闘を讃え合った。天候にも恵まれ、南・北・中央アルプス、八ヶ岳などが素晴らしかった。中でも、黒戸尾根を上がって駒ヶ岳神社奥社に出た途端、北岳が突如現れ最高のご褒美だった。
参考動画:
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/780871045351111/

9:40- 下山
青年が急斜面で滑落停止をやって見せ、自分にも練習するように促した。黒戸尾根には滑落しそうなところがたくさんあり、滑落停止を身に着けるのは必須だと思った。

10:51 七丈小屋
七丈小屋から山頂まで登りは4時間33分だったが、下りは1時間11分だった。

11:25-11:52 五合目小屋跡
青年はこの先ゆっくり行くということで、自分は先に下りた。慣れ親しんだ樹林帯だと元気が出てコースタイムの半分程で歩いた。

13:40 駒ヶ岳神社
駒ヶ岳神社~山頂往復の夏季のコースタイムは15時間40分だが、今回は14時間35分(休憩除くと12時間20分程)だった。7合目から山頂までトレースが無かったことを考えると健闘したと思った。

14:35 道の駅はくしゅうバス停
14:49のバスで韮崎駅へ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン