YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

谷川岳

やまっぷりんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:新潟県内ほか県外の山々を、決して無理をせず、
    セミアマレベル(笑)で安全第一の「ちい山歩」してます。

    山歩きのご参考に、みなさまのサイトへ立ち寄り、
    フォロワーの方たちを目標に精進しますので
    よろしくお願いします^^/

    なお、フォローと”参考”、大歓迎です♪
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/03/24(木) 22:38

 更新

谷川岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 09:11

2016/03/21(月) 14:56

アクセス:218人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,633m / 累積標高下り 2,211m
活動時間5:45
活動距離10.23km
高低差1,230m

写真

動画

道具リスト

文章

諸事情あり、掲載が遅れました^^;

先日、苗場スキー場でアルペンW杯を見たとき、下見をした谷川岳(の山頂部)
を雪山のうちに登りたく、初めての谷川岳登頂を目指す仲間の岡ちゃんと向かう。

関越トンネルを出ると少しの日差しがあるものの、小雪がちらついている。
回復を願ってロープウェイに乗ったが、山頂駅に着くと弱い吹雪。テンションが
上がらないが、そのまま決行。3連休と人気の山だけあって、登り始めの登山道では
たびたび渋滞。その都度先行者を追い抜いていく。

天狗のたまり場付近では強風のため、一時、ホワイトアウト状態に。撤退も覚悟したが、
5分待って風が弱まったので、登りを再開。急登を登りきり、肩の小屋に着いても
靄や霧が晴れないまま、トマの耳へ向かう。この辺ではBCスキーヤーがちらほら。
(ここまでスキー板担いで登るのは大変だろう)
トマノ耳にはたくさんの登山者が記念撮影中。こちらは撮影時間は短めに、さっさと
最高峰、オキの耳へ向かう。ここからの登山者は少なく、トレースがはっきりわからない。
それでも1回登った野生の勘?で登り続け、ホワイトアウトの中、山頂の標柱を発見!
同行者の岡ちゃんも終始苦しそうだったが、初の登頂に大変喜んでました♪

その後、肩の小屋に立ち寄ったものの、アイゼン・登山靴を脱ぐのが面倒で断念。
お腹がすいていたので、熊穴沢避難小屋までは一目散に下り、遅めのランチでした。
ルートの終点がロープウェイ山麓駅になってますが、終了を忘れたため、実際は
ロープウェイ山頂駅←→オキの耳の往復です。

昨シーズン購入のピッケルは今回がやっと初参戦。急斜面のところでは重宝するものの、
緩斜面は猫背になってしまうので、ストックとの併用がいいのかもしれないです??

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン