YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

奥多摩 日原辺りをぐるりと周る。

こばいあさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:膝のリハビリとして、登山を始めて一年経過したのですが、写真撮る以外は何にも記録してないので、始めました。
    活動は丹沢中心にトレランしてます。トレランと言っても歩くより行動範囲が広いから走ってるみたいな感じで、こだわりはあんまりありません。
    得意技は山行終了直後にビール飲める計画をたてることです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

川苔山(川乗山)

2016/03/21(月) 19:00

 更新

奥多摩 日原辺りをぐるりと周る。

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 07:09

2016/03/21(月) 14:42

アクセス:166人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,054m / 累積標高下り 3,063m
活動時間7:33
活動距離30.06km
高低差1,181m

写真

動画

道具リスト

文章

この三連休は土曜か月曜の天気いい方に静岡の毛無山にお富士さまとアルプスちゃんを贅沢にまとめて堪能してやろうと思っていたが、土曜は雨、月曜も神奈川、静岡は怪しい。奇跡の晴天の可能性もあるか、毛無山でお富士さま、アルプスちゃん総スカンだけは避けたいので、複数の天気予報とにらめっこして、晴天ではないが、ある程度の晴れが担保できそで行ったこと無い奥多摩 川苔山行き決定。

川苔橋 → 百尋の滝
自宅を4時半に出発し、八王子辺りから小雨。わざとワイパー着けず雨に気づかない振りをしたお陰で、川苔橋上流1キロの地点に車を止めた時点では雨具を着なくて良いレベルに。
まずは林道を走るが、奥多摩は渓谷の切り込みが深く、景色がダイナミックなので、写真を撮る名目でサボったら、百尋の滝まで1時間かかる。
百尋の滝は奥多摩有数の滝だけあって水量多くダイナミックだぁ。滝壺まで降りれるのが良いが、凍ってる時期に行きたかったなぁ。

百尋の滝 → 川苔山
急登の後はギリギリ走れるような登りと少しの下りを繰り返し、標高1000m越えてからは昨晩の雪があったが、山行に影響するレベルでは無いため難なく川苔山へ到着。
頂上は小雪がぱらついていて展望なし。

川苔山 → 三ツドッケ
ここからは三ツドッケまで標高差200m程の尾根を存分に楽しむ。ここは300m下ってまた登るとか極悪非道が無いから、登り基本の尾根も楽しんで歩ける。雪の量も地面が出ないけど、足をとられること無く最高。

この尾根は巻き道が多いが、丹沢主脈北部以外に巻き道を知らない、丹沢育ちの自分は雪も大したこと無いし、ガツガツ気合いの直登。トリプルドッケも瞬殺。
ほんとは丹沢山から蛭ヶ岳の間や塔ノ岳から三の塔は巻き道あったら良いなぁといつも思ってる・・・

三ドッケ → 日原鍾乳洞
こっからはほとんど下りなので腿が耐えられるレベルでは飛ばす。途中、ゆかるみでずっこけるが、新雪でおしりをごしごし洗って事なきをえる。
鍾乳洞は10年ぶりの再訪。ニョキニョキ生えたり、ブラブラ垂れ下がってた。
車までのロードは5.5キロを想定してたが、5キロですんごい得した気分。
途中でレトロ自販機発見するし、締めが最高。

総評
奥多摩は半年間振りで、人の少ないコースを選んだから、残雪とトレースによっては撤退も視野に入れていたが、結果的には気持ちいい積雪量だったな。
展望は残念だったけど、自然相手の趣味だからやむ無し。曇天を最高に楽しめたとポジティブな姿勢で終われた。
奥多摩はまた来たいけど、圏央道高すぎは何とかならんかね?

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン