YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春うらら…Wの悲劇

つかささん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

三瓶山・大平山

2016/04/14(木) 08:48

 更新

春うらら…Wの悲劇

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 09:58

2016/03/21(月) 15:59

アクセス:243人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,295m / 累積標高下り 1,303m
活動時間5:08
活動距離10.40km
高低差552m

写真

動画

道具リスト

文章

年度末にかけて休日にとかく用事が入り、3カ月以上満足感ある山行がない。鈍った体に喝を入れるためにもこの辺りでガツンと山を歩きたい。
また、春より登山部の活動を4〜5時間行動食で歩き、その後昼食というスタイルに変更するので、それに先駆けまずはソロで実行することにした。

3カ月のブランクを考慮し、5時間 累積標高1000m以上との目標設定のもと、選んだコースはいつもの散歩道。
今回は北の原より姫逃池コースを登り反時計回りで歩き名号コースを下る。
しかし不思議である。自宅より数百mのスーパーに行くのにも車を使う自分が、山だと10㎞以上歩くことに何の苦もない。これも一種の変態だろうか…

朝食を7:30に済ませ一路三瓶へ
10:00 麗らかな春の日差しのもと北の原からゆっくりリハビリ登山を開始する。

11:00過ぎ 男三瓶山頂 飴ちゃん1個

扇沢へ向かう下りで膝に痛みがでる。筋力不足が早くも露呈し、頭の中で「スイートメモリーズ」の歌い出しがリフレインする。

11:50 子三瓶山頂 おにぎり1個 クッキー1個
12:25 孫三瓶山頂
12:50 大平山
13:15 女三瓶山頂 展望台でクッキー1個

ユートピア手前で尻の筋肉がピクピクし出す。
待っていたこの瞬間。
ガッツリ歩いている実感が沸々と湧いてくる。
筋肉組織の破壊そして再生を繰り返し、いくらでも歩ける体を作るためのこの初期過程に膝の痛みを忘れ喜びすら覚える。

14:05 2度目の男三瓶を踏み昼食とする

今年から山では『脱カップ麺宣言』
前回はスープパスタ、今回は蕎麦。
前日に買っておいた天ぷらを忘れたが完全に蕎麦を食べたいモードで一目散に避難小屋に駆け込むが、ここで本日最大の悲劇が訪れる。

箸がない… ((((;゚Д゚)))))))

ザックのポケット全て確認したが見当たらない…
しかし蕎麦が食べたい…

欲求を抑え切れず見切り発車で鍋に蕎麦を投入する。
ガス缶のフタでかき混ぜていると、パスタより蕎麦の方が茹で汁を多く吸い込むことに気づく。
慌てて水を入れスープがぬるくなったことでおにぎりを包んでいたラップで麺を鷲づかみにし口に運んだ。
端から見れば避難小屋内は杉ちゃん真っ青の地獄絵図のような光景が映し出されている。
改めて思う… 1人で良かった。

15:00 下山開始 16:00下山
蕎麦には苦労させられ当分いいやって気分になったが、山行自体は5時間、10㎞、累積標高1300mと目標をクリアし大満足で帰路につく。

帰宅後心地よい疲れの中ゆっくり風呂に入りビール片手に夕食の食卓につく。
そこに待ち受けていたのはあろうことか本日2度目の蕎麦だった… ((((;゚Д゚)))))))

Wの悲劇… 完

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン