YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日御碕へお墓まいり

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/03/24(木) 09:42

 更新

日御碕へお墓まいり

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 14:48

2016/03/21(月) 17:24

アクセス:471人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 918m / 累積標高下り 939m
活動時間2:36
活動距離5.16km
高低差133m

写真

動画

道具リスト

文章

春分の日、祖父のお墓まいり
午後3時頃からのスタートとなってしまったが、車で1時間かけ、日御碕までドライブ。
途中、出雲大社には大勢の観光客がいらっしゃいましたが、邪魔にならないように、車で人ごみの横をゆっくりと通り過ぎた。日本海へ出た所から、海岸線を半島の先端まで約20分ぐらい走行し、日御碕神社の駐車場へ到着。

Yamapで日御碕灯台を紹介してみよう。夕方4時に閉まるから、早速向かった。日御碕神社を通り越し、海岸線を1kmぐらい歩くと、灯台が見えてきます。土産物店の通りを通過し、灯台一階の受付けへ。入館料¥200,靴を下駄箱へ入れ、靴下のままラセン階段を約150段登ります。途中、降りてくる人とすれ違う時は、踊り場で待たないといけません。展望台に着くと、一周手すりが付いておりますが、風が強いとかなりの恐怖です。今日は天気が良く、一周の風景を撮影し、(写真参照)すぐに下りました。海岸線の断崖は高い所で約80mあります。

歩いて日御碕神社まで戻り、今回の目的地である「月読神社」へ行く為に手を清めました。小高い丘の上に、日御碕小学校(昨年4月から大社小学校に統合)があります。その横から、お墓が続く尾根(お墓地帯)へと登って行きました。

すぐに、私の祖父のお墓へ到着。「じいさん来たよ!」あれー、だれかが掃除して榊が供えられているぞ。雑巾一枚出して、墓石をふいてあげた。そして、竹箒を借りて、奥へ進んで行った。

墓の一番奥は、日御碕神社の宮司様(小野家)のお墓地の敷地、変わった形の墓石が沢山あります。その中でも一番立派な小野尊光様のお墓へ、榊を備え、手を合わす。その時、周囲の木々の辺りから、足音が近づいて来ました。私は気にせず「また来させていただきました。敷地を通らせてください」。と言うと、足音が消えた。今回は写真撮影は遠慮する。

敷地のフェンスを開け、「月読神社」の標識から、奥へ続く道を登って行きます。少し行くと、見覚えのある、「推恵神社」へ到着。昨年倒木を処理していたので、リュックに入っているノコギリは不要でした。この神社は、過去、悲しい言い伝えがあり、人が滅多に来ない荒れた感じの社だ。(*1)

神社の前まで来ると、真新しい雑巾をリュックから取り出し、ペットボトルの水を使い、手の届く範囲で、板をふいた。箒で蜘蛛の巣をはらい、サカキを供えた。お賽銭箱に¥10入れた。本日は、怪しい気配が感じられなかったので、すんなりと作業を進められた。この神社は、小高い丘の上から隠岐諸島の方角を向いている。社を建て、弔うよりも、悲しい出来事を防げなかったんだろうかと回想しながら手を合わせた。

敷地の反対側には、「月読神社」(*2)への鳥居がある。これをくぐり、山道へ登って行った。昨年の秋に来た時には、道が分からないほど草が茂っていたのに、今日は、キレイに刈り取られておりました。ノコギリ鎌も不要であった。正月に飾るウラジロの葉の中を歩き、尾根の終点にある神社へ到着。祭壇をふき、置いてあった杯を綺麗にし、お水を入れた。古いしぶきの木を抜き、榊を供えた。周囲の落ち葉を箒で履くと、小ぎれいな感じの神社に見えた。見ると、神社の向こう側へ、道が続いており、行って見たい衝動にかられた。神社の裏側へ進んでいって良いものか、悩んだが、「通らせてください」と言い、頭を下げて横を進む、怪しげな気配があれば、やめようと思っていたが、何も起きなかったので、お許しいただいたと思った。平坦地があり、昔の遺跡があった場所か、そこから海が見渡せた。深追いしまいと、すぐに引き返し、お宮を後にした。

帰りは、お墓を二度も通過するのは避け、横道を降りて行った。フェンスを結んでいたひもが取れそうだったので、リュックから丈夫な紐を出して結んだ。階段を下りると、舗装道路に出た。そこから車まで、道路脇のゴミが気になり、袋にいっぱい詰め込んだ。

春分の日、わがままな墓参りは終わった。神聖な土地へ入らせていただきました。本日は良い天気、神様も穏やかで、すんなりお許しをいただいたような気がした。

(*1)推恵神社
日御碕の小野検校尊俊は、加持祈とうに優れた能力を持っていた。時の松江藩主・松平綱隆(二代目)が日御碕に参拝したときも、沖を通る船を秘法で止めて見せたりした。しかし、それより綱隆を感嘆させたのは、歓迎の宴に現れた小野夫人の美ぼうであった。側室になるようにと、いろいろ工作したが、もちろん夫人は聞かず、ついに綱隆は藩主の権力で検校を罪に陥れ、隠岐に流罪とした。優れた加持祈とうも妖術を使って人々を惑わし、天下の平穏を乱そうとするものだとされた。検校は島流し五年後に隠岐海士町で憤死、美ぼうの夫人も自害した。 以来、松江藩では不吉な出来事が続いた。人々は、検校のたたりだと恐れ、検校の子から半世紀ほど後の六代目の宗衍のころ、検校を祀る神社を建立した。楽山にある推恵神社がそれで、検校の霊を慰めるため、境内での芝居興業も城下でここだけは許されていた。(松江市のホームページより)

(*2)「月読神社」
「日御碕神社」には、昼の神(スサノオノミコト),夜の神(アマテラスオオミカミ)が祭られており、2つ別の拝殿があります。
太陽=上宮=神の宮  神素盞嗚尊(スサノオノミコト)
星 =下宮=日沈の宮 天照大御神(アマテラスオオミカミ)
月 =近くの山に、月読命(ツクヨミノミコト)
→月読神社だけ、なぜ、近くの山に祭られているんだろう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン