YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

☆2016.3.21 濃昼岳

まっきぃ♂さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:年間休日が60日しかありませんが、
    精力的に登っています^_^
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

濃昼山道

2016/03/22(火) 17:07

 更新

☆2016.3.21 濃昼岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 06:37

2016/03/21(月) 11:48

アクセス:244人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 691m / 累積標高下り 700m
活動時間5:11
活動距離10.97km
高低差589m
カロリー2701kcal

写真

動画

道具リスト

文章

石狩の厚田区にある濃昼岳に
山友MEGさんと登りました。

出発時間: 2016-03-21 06:37:53
到着時間: 2016-03-21 11:48:49
所要時間: 5時間 10分 56秒
移動距離: 10.97 km
登山/下山距離: 5.33 km / 5.64 km
平均速度: 2.1 km/h
最低/最高速度: 0.0 km/h / 5.2 km/h
最低/最高高度: 31 m / 620 m
消費カロリー:2951kcal

濃昼漁港の近く標高30mほどにある
登山口よりスタート。

最初は新雪無しのガリガリでしたが、
歩きだしてすぐ降雪が始まり大雪に。

払っても払ってもすぐに積もって、
ザックやグローブなどを濡らします。

キャップに積もった雪が溶けて、
ツバに氷柱が出来て視界を邪魔します 笑

1時間ほど林道を歩くと道が2股に
分かれるところに出ます。

その真ん中の藪の中が
尾根取り付きとなるのですが…

わからなくて少し右に
進んだところから取り付きました。

少し進むと長い急登部が現れます。

ガリガリにクラストした雪の上に
重めのパウダーが乗っていて、
下りは怖そうだなと考えながら
登っていました 笑

急登を終え稜線に出ると、
ほぼオープンな疎林の広尾根です。

相当風当たりが強いのか、
谷側は巨大な雪庇となっている様です。

ここまで来る頃にはラッセル量は
くるぶし〜スネ程度になっていました。

気温は-5℃ですが雪質はかなり
重めのパウダーで足が重い。

稜線上と言うより雪原に近い広尾根を
自由に進んでいくと地図上の最高地点を
少し超えたところに山頂標識があります。

風雪により遠望はほとんどありませんが
この時期にこんなに雪と戯れれるなんて、
ちょっと嬉しい誤算でした^_^

少し風も出てきたので山頂では記念撮影と
軽いおやつ程度の15分ほどの休憩だけで
下山を開始することにしました。

往路で巻いた段差をよじ登ったり、
尻滑りしたりして遊びながら無事に
林道に復帰しました。

あとはのんびり林道歩きで無事下山!

標高621mと低山ですが、
登山口からの高低差が590mあり
距離も約11kmあるので
ナカナカ登りごたえがあります^_^

マイナーなお山は3連休でも、
誰ともスライドせず静かで良いです。

2016年踏んだピークは26座、
山行歩行距離は130kmとなりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン