YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

天神山から松ケ岳は意外にもお花がいっぱい

ikkoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は20年以上になる熟女です。
    最近は足腰が弱ってきて、お気楽ハイキングがメインとなりつつあります。
    登山中で一番怖いのはスズメバチ、次に熊です。
    その次は山には関係ないですが、幽霊です。
    若い頃はよく見ましたが、今はまったく見えなくなりました。
    聞くところによると、純真な心の状態の時に見えやすいとか。
    今のわたしは心も年齢と共に汚れてきているようです。
    でも、山に登れば心が洗われます。
    残念なことに翌日にはまた心は…
    その繰返しです。
    そして、また山に行きたくなるわけですね。
    四季を通して身近な山に登ってます。
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

角田山・弥彦山

2016/03/24(木) 18:27

 更新

天神山から松ケ岳は意外にもお花がいっぱい

公開

活動情報

活動時期

2016/03/24(木) 12:30

2016/03/24(木) 15:00

アクセス:183人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間2:30
活動距離0m
高低差0m
カロリー929kcal

写真

動画

道具リスト

文章

登山口となる岩室温泉街にある丸山小公園に着いたのがお昼過ぎ。
今回は天神山から松ケ岳まで周回するつもり。
天神山まではたびたび歩いているけど、松ケ岳へは10年ぶり?それ以上かなぁ?
実は10年くらい前までは1年に最低でも100回から最高200回くらい山へ登っていたんだよね。
それが年齢を重ねるにつれてその回数は減ってきた。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だけど(^-^;

たぶんこのコースはそんなにお花もないだろうからと、さささ~と登ってささと下りてくるつもりでいた。
確かに歩き始めは目につくのはオウレンばかりだった。
ところが林道を横切って天神山に向かうあたりからユキワリソウやカタクリが咲いていて、思わず足を止めてしまう。
それにしてもユキワリソウは色が濃いなぁと思っていたら「移植しています」と言う貼り紙があって納得。
でも綺麗だからそんなことは気にしない(*^-^*)

眺めも越後平野が見下ろせてすごく爽快。
そして瓢箪池に下りてみればモリアオガエルの卵・・・・
カエルとかは苦手。
ヘビなら素手で捕まえることが出来るけどね(他の人が嫌がるのでしませんが)

天神山を過ぎたらそこは雪割草の群生地だった。
ここは自生のユキワリソウなんだろうけどほとんど白花ばかり。
昔はここも色とりどりのものがあったのかもしれないね。

お花はこれで終わりかと思えば松ケ岳へ向かう途中もカタクリやキクザキイチゲが咲き乱れていて
ついついゆっくり歩いてしまう。
見上げればオクチョウジザクラが満開だった。

松ケ岳からはものすごく冷たい風が吹いていて、お花もほぼナシ。
時折、ショウジョバカマのつぼみやオウレンがちらほらとあるくらいだった。

とっとこあるけば1時間半もあれば周回出来るコースなのに2時間半くらいかけてしまった。
でも心は充実感でいっぱい(*^-^*)

今日はお仕事はお休みだったので、これでまた明日から頑張れる(*^^)v


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン