YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

のんびりハイクで東秩父のマイナー山を歩いた

いたづらパパさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:なまった体を叩き直すために山歩きを始めました。
    日帰り登山が基本です。
    登っている時は「2度と登らない」と思うのですが、帰宅すると不思議と地図を広げて「次はどこ登ろうかな?」と考えている自分がいます。
    これが山の魅力なんでしょうか。
    まだまだ素人ですが、マイペースで頑張っていきます。
  • 活動エリア:埼玉
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:兵庫
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

外秩父七峰縦走

2016/03/26(土) 18:49

 更新

のんびりハイクで東秩父のマイナー山を歩いた

公開

活動情報

活動時期

2016/03/26(土) 09:25

2016/03/26(土) 12:59

アクセス:149人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,200m / 累積標高下り 1,191m
活動時間3:34
活動距離8.59km
高低差386m
カロリー2405kcal

写真

動画

道具リスト

文章

こんにちは。

昨日の足攣りの状態確認もあり、せっかく好天なので、嫁さんとマイナー山を歩いてきました。
足の状態は問題なさそうですが、昨日のながーい林道歩きで、足指に水膨れが出来て痛かったですが、のんびりと歩けました。

①和紙の里⇒物見山
林道をひたすら歩き、途中赤テープを見つけたので取り付いてみます。倒木等で完全にルートがふさがれておりましたが、方向はあっているので、ヤブこぎして復帰しました。復帰したルートは明瞭だったので、取り付きを間違えたかもしれません。
山頂は山名板も展望もなく、ただの自己満足です。

②物見山⇒リュウゴッパナ⇒和紙の里
外秩父ドMハイキング(挑戦もできない腹いせでそう呼んでます)のコースをたどり、山頂へ。山名板しかない寂しい山頂ですが、里山の山頂はこんなもんかもしれません。山頂からは元きた道をもどらなければならないのですが、嫁さんがダダをこね、ゲジゲジマークがあるのに、激坂を反対に下ります。木々に抱きつきながら下った先は、擁壁が低くなっていたところで、なんとか林道に復帰。
あとは、林道を下って駐車地に戻るだけなのですが、うちの嫁、途中ショートカットしようとあちこちの作業道と思われる踏跡に入りたがります。とめるの大変でした。

いい天気だと、山歩きって本当に楽しいですね。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン