YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

感激‼︎憧れの初雪山

PANTARAさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2016/03/29(火) 10:17

 更新

感激‼︎憧れの初雪山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/26(土) 05:23

2016/03/26(土) 17:32

アクセス:1412人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,020m / 累積標高下り 2,037m
活動時間12:09
活動距離18.21km
高低差1,451m

写真

動画

道具リスト

文章

美しき憧れの初雪山‼︎とんでもないお山ッス‼︎凄すぎてヘタレっぷり大全開‼︎( ;´Д`)
昨年後半からのブランクを中々埋めれず、ただでさえ暖冬だったのに上高地尻もち事件で厳冬期のお山も沢山逃してしまいやした´д` ;衰えた体力がなかなか上がってこなかった。先日からナゼか運良く天候に恵まれ、今季の目標だった素晴らしい山々を味わう事が出来やした。(๑´ㅂ`๑)
でもやっぱり地元の雪山にもっと行きたい!なかなかの行程の乗鞍岳をいい感じで登れた事に調子づき、とうとうあの憧れのお山に行ってしまいました!
富山県の朝日町にある知る人ぞ知る初雪山(標高1610m)です!栂海新道で知られる朝日岳と日本海を結ぶ尾根上の犬ケ岳の一つ手前のピークから西へ大きく延びた尾根上にあります。現在は越道峠からの夏道もあるそうですが、元々、積雪期、残雪期に鍋倉山、大地山を経て登る事しか出来ないお山だったそうです。

凄くハードな行程、条件も良くないと日帰りは大変です。雪山ペーペPANTARAが登るのはまだまだ先の話。憧れでしかありませんでした。まさかわさんが途中にある大地山も含めて何度も行かれている日記を拝見して、今なら行けるかもしれない!思い切ってJ氏とM氏と3人でチャレンジする事にしました!(๑•̀ㅂ•́)و✧

前日の朝方、平野部でも降雪がありました。本日の天気は晴れ!午後から曇りの予定!行程もハードなので午前中に登ってしまおう!と日が登り始める時間からスタートしました!1番手の怪人達、予想どうりトーレス無しの新雪、積雪地帯に突入してからはひたすら交代でラッセルです!鍋倉山、大地山まで凄く長く感じた´д` ;
大地山に到着するも遙か遠くに美しく続く初雪山への稜線とその姿に絶望感を覚えましたΣ(゚д゚lll)アコまでラッセルするんか〜‼︎
雪はモナカからフカフカ新雪に。水分を多く含んでいるようで重い。スノーシューに沢山乗って張り付き中々離れずドンドン重くなりました。ワカンにしとけばよかった!(つД`)ノ
途中から後続のお姉様お2人と、アイゼンのみの男性お2人が来られ度々ラッセルを手伝ってくださいましたm(_ _)m♪
しかし、アイゼンのみの男性お2人はズボズボ足をとられ大変苦心しておられました´д` ;「装備間違えました」と申し分け無さそうでした。(でもそれで登頂されたのですから逆に凄いと思う)お姉様方にもラッセルしてもらうのは忍びなく、怪人達メインでラッセルする事に!
しかし3分の2を過ぎた辺りでPANTARAは、股関節と膝が悲鳴をあげだし、ラッセルから離脱´д` ;ご、ゴメン…うぅ
やはり厳冬期にあまり登れなかったことが原因か。スノーシュー自体まともに使ったのは今季初めて。まったく体が出来てません…。反省´д` ;
J氏とM氏が引き続き戦車の様にラッセルを続けてくれました!ヒーローじゃ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
しかし、2人ではやはり辛そうです。時間も気になりだします。
そこに!もう一人男性が登ってこられました。初雪を何度も登られている猛者のおじさま♪2人に変わりガンガンラッセル!救世主じゃ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
しばしの休息をとったJとMも加わりヒーロー3人は物凄い勢いで一気に山頂手前まで、登り上げました!早っ!∑(゚Д゚)
山頂まではお姉様方が先行してくださいました(๑´ㅂ`๑)
お陰様でラッセル離脱してから1人、激痛と親友になって最後尾祭りを開催していたPANTARAも初雪山に登頂できました!皆様ありがとうございます!m(_ _)m
昼を過ぎてすっかり雲に覆われた初雪山山頂でしたが、嬉しかったッス‼︎( ´艸`)
休息と記念写真を撮って早々に下山開始。登り返しに苦しみながらアップダウンを繰り返すあの長い道のりを戻ります。本当長く感じました´д` ;Pのせいで結局下山も最後になってしまった怪人達…。
ゴール手前でお姉様と一緒になり、登山口まで降りると他の皆さんがおられました。(だいぶ遅れをとっていた気がしていたので、もしかして心配して待ってくださっていたのかも…)
皆さんに御礼を言われました。我々も御礼と挨拶をしてお別れしました( ´ ▽ ` )ノ
今日の出来事を振り返りながら、やっぱりまさかわさんはバケモノだ‼︎と思いながら家路へと向かう一行なのでした!m(_ _)m

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン