YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲、砂の海岸を走破

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/03/27(日) 02:10

 更新

出雲、砂の海岸を走破

公開

活動情報

活動時期

2016/03/26(土) 05:54

2016/03/26(土) 19:38

アクセス:445人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 8,689m / 累積標高下り 8,667m
活動時間13:44
活動距離58.30km
高低差597m

写真

動画

道具リスト

文章

みきTさんの「しまなみ海道」ゆりさん,ジョニーオーの日記に影響を受け、私も1日中歩けるかやってみようと思った。土曜日しか空いていないので、近所を歩く事にした。

朝、6時前に自宅から歩いて出発。斐伊川にかかる南神立橋を起点にしてグルーっと一周してみよう。目標は「砂の海岸を走破」です。
斐伊川土手を歩いて行く、ちょっと北山へ寄ってみる事にした。旅伏登山口で、Facebookの名前で声をかけられた。トレラン選手のヒロさんだった。出雲北山縦走路を往復されるらしい。私はボチボチ歩くので先に行かせていただく。良い天気で、弥山山頂からの景色は最高だった。縦走路へ進みます。今日は距離を歩く練習なので、倒木処理はしないつもりでしたが、木を前にして、気が付いたらノコギリを持っていた。ちょうどそこへヒロさんが走って来られたので、手伝っていただいた。除去が終わると走って行かれたが、あっという間に見えなくなってしまった。「なんと早い事だ!」私は走れないので、ゆっくり行く。縦走路後半は倒木が多いはずだが意外に少ない。誰かが処理されたに違いない。最後の山頂「弥山」へ到着すると、ポカポカ陽気で気持ちいい。芝生の上で少し仮眠した。ハッと気が付き起き上がると、「あっ!ここは山頂だった」ってビックリした。お腹がすいた。朝、オニギリ1つ食べただけで、空腹で足に力がはいらない。

下山後、ファミマで昼食、店内にある食事用のテーブルを使用。タブレットを充電させていただき、大量の食い物「ジュース,甘い物,サンドイッチ,パン,オニギリ」をむさぼり食った。今度は食い過ぎてしまった。出雲大社を通り過ぎ、海岸線までゆっくり歩いていった。弥山山頂からは、日本海の海岸が綺麗に見えるが、ここを一回歩いて見ようと思っていたのだ。砂浜海岸のスタート地点(大社築港付近)から歩きだした。最初は観光客が大勢おられたが、進むにつれて、誰もいなくなった。足が埋まるので、靴に砂が入らないようにそっと足を置くが、筋力を消耗していく。胸まで入れば渡れそうな川、パンツ一丁で渡ろうか迷ったが、水が冷たく、断念。長かった砂浜海岸もついに終点に来た。予想では、道の駅「キララ多岐」辺りだと思っていたが、その手前で終わっていた。

海岸を離れ、帰路へ。ピストンが嫌いなので、来た海岸から離れ、国道9号線を越えて南へ抜けた。普段、車であっという間に通り抜ける道も、歩くと長い。寝台特急の横で休憩した頃、出発してから12時間を超えた。初めてこんなに長時間歩いた。足の怠さは思っていたほどでも無かったが、足の裏の皮が痛かった。ははー、足の裏が擦れてこんな症状になってくるのかー。っと自分を分析。約14時間、日が昇る前から、日が沈むまで、初の歩行であった。

帰宅後、少し休憩すると、筋肉が固くなるせいか、よけい怠くなる。けれども、疲れたから休憩させてくれるような嫁ではない。明日の子供の行事の準備や、家事をヨタヨタしながらも行った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン