YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春の訪れを感じた神於山(こうのやま)

toppoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫婦で毎週関西の低山を登っています。
  • 活動エリア:大阪, 京都, 兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2016/03/27(日) 18:29

 更新

春の訪れを感じた神於山(こうのやま)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 09:44

2016/03/27(日) 11:23

アクセス:376人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 228m / 累積標高下り 268m
活動時間1:39
活動距離3.64km
高低差221m
カロリー686kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は天気予報も芳しくないのでサクッと登れそうな岸和田市の中心部にある神於山(こうのやま)に行ってきました。
古来「神がおられる山」として崇拝された山岳信仰の山だそうですが気軽に自然を感じられる地元に愛されているハイキングコースのようです。

道の駅「愛彩ランド」を起点に周回しました。
国道170号線を西に10分ほど歩くとハイキングコースの入り口でここから登り始めます。
始めは少し急なところもありますがほどなく傾斜も緩やかになり自然林の快適な道でウグイスの鳴き声に癒やされます。
藤尾池の広場では神於山まつりが行われており子供連れの家族で賑わってました。
ここから大クスのみちを通って山頂に向かう途中、目の前に大きなクスノキが現れます。まるで森の主のような存在感がありました。(^o^)
ここから山頂まではひと登り。展望台からは低山ながら遠く、淡路島、六甲の山並みが見渡せます。
まったりしたい所ですがここで雨が降りだしてきたので下山を急ぎます。(ToT)
東尾根道から国見の森広場を経由フウのみちを歩いて道の駅まで戻って活動終了。

ファミリー向けのハイキングコースなので少し物足りませんが春の訪れを感じ自然を満喫した山歩きができました。
短い距離でも歩くとやはり気分転換になりますわ~。車を停めた道の駅で地元の野菜を購入し早々に帰路につきました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン