YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2016年本州遠征第一弾 天下の秀峰 金時山に行ってきた

こまこまさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:グダグダ歩きの万年初心者。絶対しないと誓った山登りにハマったのはなぜ?夫が単身千葉に在住。たまに遠征します。中学生の頃、札幌岳にクラスで登山。豊滝コースの空沼分岐でリタイヤしたのが、今頃になって悔やまれる…あの頃はもうちょっと体力あったのに…と。
    ボッチ歩きしています。見かけたら声かけてみてください。
  • 活動エリア:北海道, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

箱根山・金時山・神山

2016/03/28(月) 22:49

 更新

2016年本州遠征第一弾 天下の秀峰 金時山に行ってきた

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 08:34

2016/03/27(日) 13:29

アクセス:233人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 719m / 累積標高下り 716m
活動時間4:55
活動距離7.54km
高低差567m
カロリー1909kcal

写真

動画

道具リスト

文章

♪まぁさかりかついだきんたろお~。小学1年生の時の学芸会(昔はそういいました)の出し物は「金太郎」私はウサギを演じました。セリフはただひとつ「くまさん、がんばれ!」
…なぜ「金太郎、がんばれ!」じゃないのでしょう。

27日朝6時10分起床。天気がいい。数日前までの予報ではいけないかと思っていたのだけど、これは行ける!早々に準備を整え平塚のホテルを7時前に出発。小田原行きの電車に乗車。
7時35分、小田原駅着。7時50分発の箱根登山バスに乗車。人が多いだろうという予想に反し、数人の登山客が乗車。よかった~。バスに揺られること50分弱、仙石バス停に着く。

久しぶりの登山にテンションが上がる。行くぞ~!とその前にローソンでご用事をいろいろ済ませる。
9時ローソン横の看板からスタート。登り始めは別荘を見ながら舗装路を歩いていくと、登山口の看板が見えてきて山に入る。歩きやすい道をテクテクと30分ほど登ると矢倉沢峠の分岐。ここでちょっと水分を補給する。すでに山頂が見える。ニセものじゃないピークが見えるっていいね。

さらに10分ほど歩くと大岩がデ~ンと迎えてくれる。お約束の撮影ポイント。ここからちょっと岩がゴロゴロし始めるけれど、そんなに難しい登りはなく、順調に足を進めることができる。いい感じじゃない?と思っていると、10時28分頂上に着いた。

富士山は見えないけれど、眺めは最高。天気もいいし。いうことなし。うれしいついでに、茶屋で高級ビールと山菜そば(600円)を注文。春の山菜、ふきのとうを入れてくれた。いい人だ…。札幌から来たというとすごく喜んでもらえる。わざわざ富士山に登りに行く人はいるだろうけれど、
わざわざ金時山目的で行く人はいない?いや、ここにいます。

11時名残り惜しいけれど、下山開始。もう少し待てば富士山も顔を出してくれるかも?って感じだったけれど、そうなると山頂は混み合うだろうし、我が家もこの後用事があるし…下山開始。

下山はじめはちょっと急なので要注意。でもいい感じの道。登りは登る一方だったのだけど、この道はアップダウンあり。変化があって楽しい。

11時34分長尾山を通過。残念ながら景色がない…。

12時10分乙女峠展望台着。富士山が見えたので撮影したのだけど、撮影したつもり写真になってしまった。

飽きちゃうね…と感じながら、休憩しながら12時56分。乙女口バス停へ下りる。
でも、バスはなく…そのまま車道脇をテクテク30分ほど歩いて、再び箱根登山バスに乗って小田原へ。
お土産を買って、ちょっと軽くスィーツという名のサザエのつぼ焼きと麦のアルコール入り飲料をジョッキでいただいてから平塚へ。

歩きやすく、変化のある道で大変気に入りました。もし、次回来ることがあれば、5月か秋に…登りたい山、真夏に登るのはむかないんだろうなぁ、あの日差し。今回日焼け止めクリーム慌てて現地調達してよかったぁ。

お向かいにある大涌谷からはもくもくと白い煙が出ていた。あの横を通り、神山から箱根駒ヶ岳に登ったのは結構昔。あの頃YAMAPを知っていれば~!記録あるのにね。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン