YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大蔵山から菅名岳 ~まさかのkoujiyesさんとの出会い

りっつさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1973
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

菅名岳・大蔵山・鳴沢峰

2016/03/27(日) 22:36

 更新

大蔵山から菅名岳 ~まさかのkoujiyesさんとの出会い

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 08:45

2016/03/27(日) 15:04

アクセス:460人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,793m / 累積標高下り 1,651m
活動時間6:19
活動距離11.22km
高低差863m

写真

動画

道具リスト

文章

只今休日出勤するほど仕事が忙しく、流行病にかかって会社を休むわけにはいかず、体調には十分気を付けなければならない。昨日仕事の帰りがけ、先輩に「山なんか行かないようにね」と言われ「違うんですよ、山に行った方がストレス解消にもなって体調にも良いんですよ」とお言葉を返す。山に行ってると風邪を引かない様な気がする。というか、休日のために風邪など引いてられないというのが本当のところか。
今朝まで今日どこに登るか決めていなかった。取り合えず早起きしてインスピレーションで決めようと昨夜は思って寝た。5時に目覚ましかけるも2度寝。行ける所は限られてくるが去年春行って以来行ってない大蔵、菅名の縦走にしようと急いで支度を済ませ車を走らせる。峠を越えて見えてくる山々に、正直しまったと思った。粟ヶ岳快晴ではないか。もう少し早く起きて粟ヶ岳にすれば良かった。でも急いで登れば山頂から粟ヶ岳もよく見えるか。
菅名岳いずみの里手前の吉清水で水を汲んでこれでコーヒー飲もうと決めた。8時半駐車場はほぼ満車。人気の山である。支度をしていると今日これから整備をするのかくわを持った人たちが林道を歩いていく。ご苦労さまです。

大蔵山は1合目辺りから地面が濡れだし、4合目まではほとんど湿った泥道。でもそれ以降は快適な雪山歩き、トレースもしっかり、雪も締って踏み抜くこともなく、アイゼン、ワカン持って行ったが出番はなかった。
大蔵山に上がると思っていた景色が広がり興奮。左に飯豊、右に粟ヶ岳。わたしの大好きな山たち。大蔵から菅名短いけど今日の稜線歩きは楽しい。この景色もったいないからゆっくり歩く。どんどん遠くなる粟ヶ岳、どんどん近づく飯豊、贅沢な時間。菅名岳山頂見えてきたけど、山頂、人も多いし、一人で景色を堪能出来る小山に場所を陣取ることにした。今日は飯豊をおかずにお昼ご飯。粟ヶ岳に尻を向ける。まったりした時間がすぎる。片付けてすぐそこの山頂目指しますか。一瞬、いや数回山頂行って下らず、もう一回大蔵目指そうか。そう思える稜線。後ろから若手二人組男子がやってくる。邪魔しない様写真撮る。ついに山頂到着。広い山頂なかなかの景色。昨日雪降ったのか看板埋もれてる。写真撮るために雪掻いてると、後ろを歩いていたお二人がわいわい言いながら上がって来たため何気にそちらに目をやると「あれっ!あれっ!えーーーkoujiyesさんですよね」「あっ、(2秒の間)りっつさんですか」こんな偶然ってあるんだあ。山以上の興奮で写真撮りまくるの忘れたほど。わたしが、山頂で昼ご飯食べてたらもしかすると入れ違いで会ってなかったかも。記念撮影して、下山ご一緒しようかととも思ったのですが、これから昼食のkoujiyesさんたち。1時間待てないなあと思って下山ルートを確認してお先に失礼した。菅名岳からの下山は椿平まで一気に下る急坂であっという間に椿平。小山田方面に下って途中どっぱら清水ルートに合流するか?どっぱら清水ルートを行くか?先週anneさんがどっぱら清水ルートを行かれてたので多分大丈夫と判断、どっぱら清水を下った。ここ下ったならどっぱら清水も汲みたいなあと、踏み跡のないどっぱら清水向かってみた。でも汲める所までは下りることが出来ず残念ながら撤収。どっぱら清水ルートは川に架かった橋を何度も渡る。でも危険がないよう丈夫な橋を架けてもらって有り難い。林道まで長かった。林道まで出るとあと少し。頑張って駐車場まで歩く。そうすると、目の前を一服している見覚えのある2人組。「あれっ?」「どこで追い越したんですか」お二人小山田ルートを下山したようで、わたしがどっぱら清水と格闘してるあいだに先回りした模様。あとでkoujiyesさんの軌跡確認してみよう。
ということで、そこから駐車場までご一緒し、さくランド温泉までの道を案内してもらった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン