YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

英彦山中岳(ひこさんなかだけ)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、忘却
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり
    目標=3年間山歩きをつづけるつもり
    単独超低山超無名山歩き愛好家のつもり





  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

英彦山

2016/06/13(月) 07:02

 更新

英彦山中岳(ひこさんなかだけ)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/29(火) 13:29

2016/03/29(火) 13:29

アクセス:281人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 12m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離35m
高低差12m
カロリー2kcal

写真

動画

道具リスト

文章

1982年に結婚した。
当時はよく夫婦喧嘩をした。
夫婦喧嘩をしたら英彦山にくることが多かった。英彦山といっても、奉弊殿が俺にとっての英彦山だった。
国民宿舎に宿泊した記憶があるんだが。

1990年頃。
奉弊殿が好きで度々来ていた。
短歌遊びとか俳句遊びとかをはじめたころだった。
短歌だった。
俵万智の『サラダ記念日』を読んで、この程度だったら、俺にだって作れるというのがはじまりだった。

奉弊殿ではねばってねばって、ひねりだすように短歌を作った記憶がある。
さらには、一度、奉弊殿から、上宮(中岳)をめざして歩いたこともあるんだ。

過呼吸が起きそうになり、すぐ撤退してきて、奉弊殿の隅で横になってたことがあった。

表参道正面ルートは歩かなかったが、とにかく上宮中岳をめざした1990年頃から四半世紀が流れてしまったが、60才でたどり着けたことが素直に嬉かった。

社の前の石畳に土下座して、英彦山のカミサマに感謝した。

122座150山目。

軌跡は英彦山北岳にあります。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン