YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春はあけぼの…に間にあわず寝てた 能郷白山

うちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:26年お盆から登りはじめて何でこんなにハマっちゃったかなぁ?と自分でも不思議なくらい狂ったように登り続ける日々です。

    26年の目標は武奈ケ岳でした。27年は奥穂高岳でした。28年はジャンダルムでした。次どこやろ… 月火休みなのでソロが多いですが、時間が合えば何時でも誘って下さいね!
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 滋賀
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:滋賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

能郷白山・姥ヶ岳

2016/03/29(火) 22:34

 更新

春はあけぼの…に間にあわず寝てた 能郷白山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/29(火) 10:14

2016/03/29(火) 17:49

アクセス:488人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,558m / 累積標高下り 1,527m
活動時間7:35
活動距離16.13km
高低差1,225m
カロリー3690kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ようよう白くなりゆく山際みれず6時半起床。
用意して登山口に到着したのは10時過ぎていて、ちょっと歩き出したらストックを忘れたことに気付き取りに帰り、再スタートは10時半でした。
それに本当の登山口まで林道が1時間もあることを知らず、僕が思ってた登山口に立てたのは11時半でした。

急登が始まり、3/6の看板が見えたときには前山で帰ろうかなと思ってしまいました。
前山に着いたのが1時すぎ。どう見ても山頂まで1時間はかかりそう。でもまぁ2時まで登ろう。もう日は長い。
5時に登山口まで下りたら後は林道で6時に到着してもまだ明るい。とか思っだけど、2時になってあと15分くらいで着きそうになり結局全部登ることに。

前山から山頂までは右手に白山が見えて贅沢な尾根歩きでした。後ろには御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰も見えていました。これだからやめられない。

山頂は風も弱く適温でした。雪の表面がセロファンみたいに凍っていて、歩くと繊細な音を出して砕けてしまうので気持ち良かったです。

帰りは予定通りに帰ってこれました。

今回のリサーチ不足は反省しなければいけません。
良い子はマネしちゃダメだよ!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン