YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

石ブテ東谷

いかポンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山歴は数年、アウトドア歴は10年以上。
    主に平日の日帰り。
    主に金剛山地。大峰山脈、台高山脈。 低山を探検するのも楽しんでいます。
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

金剛山・二上山・大和葛城山

2016/03/31(木) 00:54

 更新

石ブテ東谷

公開

活動情報

活動時期

2016/03/30(水) 10:10

2016/03/30(水) 13:58

アクセス:277人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 806m / 累積標高下り 834m
活動時間3:48
活動距離7.96km
高低差697m
カロリー2621kcal

写真

動画

道具リスト

文章

未踏の石ブテ東谷

石筆橋からのアプローチの三コースで唯一未踏だった「石ブテ東谷」。
(石筆を石ブテと読むのは、ちょいと納得できないが…)
数ある金剛山のコースの中でも、上位に入る難コースとの評判だったがどんなもんか、良い時期なので挑戦してみた。

結果、意気込んで行ったがちょっと拍子抜け。
慎重さを失わなければ全然大丈夫。
ただ狭い谷なので、落石の恐れは付きまとうだろう。

あと最後から二つ目の滝は腕力のない人(懸垂が出来ない人)は厳しいと思う。
何より一番しんどかったのは、三コースとの出合いに登りきる手前にある、所謂「蟻地獄」。
斜度もきつく、足がとられてかなり苦戦した。
あの壁のような滝を乗り越えて安心するのはまだ早かった。

下山は、青崩道でまったり…と思ったが、速足で下山したので一時間はかからなかった。
下りは足元を制御しないといけないので、意外と力が入って疲れる。


「石ブテ東谷」のコースは、「丸滝谷」より狭く、少し暗い谷だった。
個人的には「丸滝谷」の方が好み。
あと意外と踏まれていてテープやロープもきっちりあり、迷う心配は皆無。
水場は無し。

評判ほどの難コースではなかったように思う。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン