YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

超感動!権現岳・残雪期登頂♪

naruさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:遠い昔、北岳・仙丈ヶ岳・赤岳などに行ってから長い月日が経ち、その後キャンプ・釣り・スキーなどには行っていたものの、登山からはスッカリ離れていましたが2015年9月に再開しました。
    千葉県在住・都内勤務。特に南アルプスや八ヶ岳が好きです(^^)
    あ~ゆっくり縦走したい!
  • 活動エリア:山梨, 長野, 静岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:千葉
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/05/13(金) 22:49

 更新

超感動!権現岳・残雪期登頂♪

公開

活動情報

活動時期

2016/04/02(土) 05:47

2016/04/02(土) 14:23

アクセス:975人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間36分
  • 活動距離活動距離14.33km
  • 高低差高低差1,350m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,305m / 2,266m
  • スタート05:47
  • 18分
  • 天女山06:05 - 06:07 (2分)
  • 2時間50分
  • 三ツ頭08:57 - 09:04 (7分)
  • 59分
  • 権現岳10:03 - 10:16 (13分)
  • -
  • 権現小屋10:13 - 10:46 (33分)
  • -
  • 権現岳10:46 - 11:06 (20分)
  • 56分
  • 三ツ頭12:02 - 12:08 (6分)
  • 2時間0分
  • 天女山14:08 - 14:11 (3分)
  • 12分
  • ゴール14:23
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

すっかり通い慣れた八ヶ岳(笑)いつものように首都高四つ木ICから向島線へ。この時期限定の『舞』にライトアップされた(18:00~24:00)東京スカイツリーの横を通過し都心環状線・新宿線を経由して中央道へ…

八ヶ岳の赤岳・阿弥陀岳・権現岳を私の中では勝手に『八ヶ岳峻険BIG3』と呼んでいますw今回はそのうちの一座である権現岳に行ってきました。

天女山入口(5:47)-天女山(6:05)-天の河原(6:18)-標高2000m地点(7:16~7:21)-前三ッ頭(8:19)-三ッ頭(8:59)-権現岳(10:08~10:43)-三ッ頭(11:54~12:04)-前三ッ頭(12:26)-標高2000m地点(13:22~13:30)-天の河原(14:01)-天女山(14:08)-天女山入口(14:23)
【活動時間8:36・歩行時間7:38】

天女山駐車場への道はまだ閉鎖中なので天女山入口手前に駐車してスタートです。
天女山・天の河原を経て暫くはすっかり雪がなくなった道を進む。天気予報は終日曇り。予報通りの曇天でおまけにガスも立ち込めてきました(-_-;)残雪が現れ始めた標高2000mあたりでアイゼンを装着。このあたりの雪は解けたり氷結したりを繰り返した感じで固まっていました。
前三ツ頭を過ぎても相変わらずの曇天で時々展望ポイントがあるものの何も見えず(>_<)でも霧氷が現れてちょっと癒されました。

やっぱり今回も展望はダメか~とちょっとブルーな気分で進んで行くと三ツ頭のちょっと手前で少し明るくなってきました。ちょうど開けてきたので見上げると…おっ!?なんと青空が!そして展望ポイントに出て見渡すと…キレイに敷詰められた雲海の奥には南アルプスや中央アルプスが!うっ嬉しい~!ヨッシャー!と思わず叫んでしまいました(笑)

そして三ツ頭のピークに到着すると赤岳・ギボシ・編笠山・西岳そしてこれから目指す権現岳も見えて更に感動!
ここ三ツ頭で5日間テント泊して写真を撮っているという強者wと少しお話。今日は私が初めてで毎日数人しか来ないとの事。今日は最高だよ!でも山頂直下は気をつけて!だって。

思わぬ絶景にテンションも上がりwいよいよ権現岳アタックです。無雪期にギボシ側からの登頂経験はあったものの三ツ頭方面からは初めて。見る限り山頂まではかなりの急登です。核心部である山頂直下は(直登の踏み跡もありましたが)トラバースの踏み跡に従い雪のゆるみに注意して慎重に進みました。因みに雪がゆるいのでピッケルはあまり効きませんでした(^_^;)

そして無事に権現岳山頂に到着!権現岳の山頂は平らな所がなくて非常に狭いので少し先にある第2のピーク(?)に移動しました。風も無く奇跡的な穏やかさ♪誰も居ないのでまさに貸切状態で目前に阿弥陀岳や赤岳を見ながらゆっくり休憩&食事を取ることが出来ました(^o^)v
下り始めて少し経つとまた曇り始めたので本当に数時間の晴れ間だったようです。計ったようにドンピシャのタイミングで本当にラッキーでした。

帰りの三ツ頭でテント泊の方と再びお話してから前三ツ頭まで戻ってくると登ってきた正規ルート以外に薄~い踏み跡があったので時間的にも余裕あるしちょっと行ってみよう!と寄り道w常に正規ルートは把握しつつ進んで行くと踏み跡が更に薄~くw一体いつ頃の踏み跡なんでしょうか?(-.-)おかげで正規ルートに戻るまでの間少しだけプチラッセル♪ちょっと雪と戯れてしまいましたwwその後は真面目に下りました(笑)

さすがにこの時期は雪が腐っていて踏み跡に従っても膝下・膝上の踏み抜きは数知れず(*_*)何度かは股下まで踏み抜いて脱出に苦労しました(笑)

今回展望は期待していなかっただけに思わぬ晴天で思わぬ絶景を見れ、残雪期ではありますが雪の権現岳登頂も出来たので本当に良かったです(^o^)/

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン